「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

2001.11.14 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

ダイムラークライスラー日本株式会社は、2001年11月17日から「2002年モデル ジープ・ラングラー」を発売することを、2001年10月23日に発表した。

「ジープ・ラングラー」2002年モデルのラインナップは、ソフトトップの「スポーツ」(5MT、3AT)、ハードトップの「サハラ」(3AT)の2モデルと2001年モデルと変わらず。両モデルともエンジンは、4リッター直6OHVエンジン(175ps/4600rpm、29.6kgm/3600rpm)を搭載。駆動方式は「シフト・オン・ザ・フライ」のパートタイム式4WDというのと同じである。

変更点は以下のとおり。

・サハラの外装色に新色を導入(シェールグリーン)。
・コンソール内蔵ツイター付きサブウーハーを標準装備(サハラ)。
・スポーツ ハーフドアモデルを廃止。
・フルメタルドアとフルロールアップウインドウを設定(スポーツ、サハラ両モデル)

価格は据え置かれた。
スポーツ 5MT(ソフトトップ) 270,0万円
スポーツ 3AT(ソフトトップ) 275,0万円
サハラ 3AT(ハードトップ) 310,0万円

(webCG カネヨシ)

クライスラー/ジープコール:0120-712-812
「ジープ」サイト: http://www.jeep-japan.com/

 

 
「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売の画像

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース FCAジャパンが、2017年10月30日に新型「ジープ・コンパス」を発表する。コンパスはモダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVであり、2代目となる新型は機能性、快適性、安全性などが全方位的に高められているという。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記