「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

2001.11.14 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

ダイムラークライスラー日本株式会社は、2001年11月17日から「2002年モデル ジープ・ラングラー」を発売することを、2001年10月23日に発表した。

「ジープ・ラングラー」2002年モデルのラインナップは、ソフトトップの「スポーツ」(5MT、3AT)、ハードトップの「サハラ」(3AT)の2モデルと2001年モデルと変わらず。両モデルともエンジンは、4リッター直6OHVエンジン(175ps/4600rpm、29.6kgm/3600rpm)を搭載。駆動方式は「シフト・オン・ザ・フライ」のパートタイム式4WDというのと同じである。

変更点は以下のとおり。

・サハラの外装色に新色を導入(シェールグリーン)。
・コンソール内蔵ツイター付きサブウーハーを標準装備(サハラ)。
・スポーツ ハーフドアモデルを廃止。
・フルメタルドアとフルロールアップウインドウを設定(スポーツ、サハラ両モデル)

価格は据え置かれた。
スポーツ 5MT(ソフトトップ) 270,0万円
スポーツ 3AT(ソフトトップ) 275,0万円
サハラ 3AT(ハードトップ) 310,0万円

(webCG カネヨシ)

クライスラー/ジープコール:0120-712-812
「ジープ」サイト: http://www.jeep-japan.com/

 

 
「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る