「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

2001.11.14 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売

ダイムラークライスラー日本株式会社は、2001年11月17日から「2002年モデル ジープ・ラングラー」を発売することを、2001年10月23日に発表した。

「ジープ・ラングラー」2002年モデルのラインナップは、ソフトトップの「スポーツ」(5MT、3AT)、ハードトップの「サハラ」(3AT)の2モデルと2001年モデルと変わらず。両モデルともエンジンは、4リッター直6OHVエンジン(175ps/4600rpm、29.6kgm/3600rpm)を搭載。駆動方式は「シフト・オン・ザ・フライ」のパートタイム式4WDというのと同じである。

変更点は以下のとおり。

・サハラの外装色に新色を導入(シェールグリーン)。
・コンソール内蔵ツイター付きサブウーハーを標準装備(サハラ)。
・スポーツ ハーフドアモデルを廃止。
・フルメタルドアとフルロールアップウインドウを設定(スポーツ、サハラ両モデル)

価格は据え置かれた。
スポーツ 5MT(ソフトトップ) 270,0万円
スポーツ 3AT(ソフトトップ) 275,0万円
サハラ 3AT(ハードトップ) 310,0万円

(webCG カネヨシ)

クライスラー/ジープコール:0120-712-812
「ジープ」サイト: http://www.jeep-japan.com/

 

 
「ジープ・ラングラー」2002年モデルを発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る