カーオブザイヤーはフィットに

2001.11.15 自動車ニュース
 

カーオブザイヤーはフィットに

2001年11月14日、「2001-2002日本カーオブザーイヤー」(COTY)および「2001-2002 インポートカーオブザイヤー」(I-COTY)は、それぞれ「ホンダ フィット」と「アルファロメオ 147」に決定した。また選考委員会特別賞は「トヨタ エスティマハイブリッド」が受賞した。



 

今回で22回目を迎えるこの催しには、今年から数年ぶりに『NAVI』も実行委員会に戻り、49媒体が推薦した55名の選考委員の投票をもって決められた。
「2001-2002 カーオブザイヤー」は、2000年11月1日から2001年10月末日まで、日本市場で発表、発売された新型車が対象になり、今回はカーオブザイヤー対象となる国産車が24台、インポートカーオブザイヤー対象となる輸入車が31台ノミネートされた。この中から10月末日まで郵便投票により、国産車の10ベストカー、輸入車の5ベストカーが選出され、11月13日と14日、山梨県河口湖のフィットリゾートクラブを舞台に最終試乗と選考会が開かれ、投票の結果下記のように決定した。

2001-2002 日本カーオブザイヤー(カッコ内は得票数)

カーオブザイヤー ホンダ フィット(502点)
2位:ニッサン スカイライン(250点)
3位:トヨタ エスティマハイブリッド(192点)
4位:ニッサン プリメーラ(97点)
5位:三菱 ekワゴン(89点)
6位:三菱 ランサーエボリューションVII(81点)
7位:ダイハツ MAX(63点)
8位:トヨタ ソアラ(58点)
9位:ホンダ ステップワゴン(28点)
10位:ニッサン シーマ(15点)

2001-2002 インポートカーオブザイヤー(カッコ内は得票数)

インポートカーオブザイヤー アルファロメオ147(371点)
2位:アウディA4(314点)
3位:ボルボS60(282点)
4位:ジャガーXタイプ(212点)
5位:プジョー307(196点)

2001-2002 カーオブザイヤー特別賞
トヨタ エスティマハイブリッド

 

関連キーワード:
フィットホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る