スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

スズキは、2ボックスカー「エリオ」をベースとした4ドアセダン、その名も「エリオセダン」を、2001年11月14日に発売した。

「エリオセダン」は、2001年1月にデビューした2ボックス・5ドアモデル「エリオ」をベースに、4ドアボディを載せ、リアに独立したトランクを持たせた派生車種。11月7日に閉幕したばかりの第35回東京モーターショーで参考出品されていたので、すでに実車をご覧になった方もいるだろう。
機関面はエリオを受け継ぎ、VVT(可変バルブタイミング機構)付きの1.5リッター直4DOHC(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)に、5MTか4ATを組み合わせる。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDを用意する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4350×1690×1545mm、ホイールベースは2480mm。エリオと較べ、全長が120mm延長され、全高は5mm低くなった。クラス最大級を謳うトランク容量は、492リッター(4WDは447リッター)。後席は分割可倒式で、トランクスルーが可能、長尺物も積載できるという。

グレードは、ベーシックな「X」と、オートエアコンやカーナビゲーション、サイドエアバッグなどを標準装備した上級「XV」の2種類。価格は、「X」が2WD/5MTモデルの127.3万円から4WD/4ATモデルの155.1万円、「XV」が2WD/5MTの142.3万円から、4WD/4ATモデルの170.1万円まで。

(webCG 大澤)

 
スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る