スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

スズキは、2ボックスカー「エリオ」をベースとした4ドアセダン、その名も「エリオセダン」を、2001年11月14日に発売した。

「エリオセダン」は、2001年1月にデビューした2ボックス・5ドアモデル「エリオ」をベースに、4ドアボディを載せ、リアに独立したトランクを持たせた派生車種。11月7日に閉幕したばかりの第35回東京モーターショーで参考出品されていたので、すでに実車をご覧になった方もいるだろう。
機関面はエリオを受け継ぎ、VVT(可変バルブタイミング機構)付きの1.5リッター直4DOHC(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)に、5MTか4ATを組み合わせる。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDを用意する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4350×1690×1545mm、ホイールベースは2480mm。エリオと較べ、全長が120mm延長され、全高は5mm低くなった。クラス最大級を謳うトランク容量は、492リッター(4WDは447リッター)。後席は分割可倒式で、トランクスルーが可能、長尺物も積載できるという。

グレードは、ベーシックな「X」と、オートエアコンやカーナビゲーション、サイドエアバッグなどを標準装備した上級「XV」の2種類。価格は、「X」が2WD/5MTモデルの127.3万円から4WD/4ATモデルの155.1万円、「XV」が2WD/5MTの142.3万円から、4WD/4ATモデルの170.1万円まで。

(webCG 大澤)

 
スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る