スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

スズキは、2ボックスカー「エリオ」をベースとした4ドアセダン、その名も「エリオセダン」を、2001年11月14日に発売した。

「エリオセダン」は、2001年1月にデビューした2ボックス・5ドアモデル「エリオ」をベースに、4ドアボディを載せ、リアに独立したトランクを持たせた派生車種。11月7日に閉幕したばかりの第35回東京モーターショーで参考出品されていたので、すでに実車をご覧になった方もいるだろう。
機関面はエリオを受け継ぎ、VVT(可変バルブタイミング機構)付きの1.5リッター直4DOHC(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)に、5MTか4ATを組み合わせる。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDを用意する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4350×1690×1545mm、ホイールベースは2480mm。エリオと較べ、全長が120mm延長され、全高は5mm低くなった。クラス最大級を謳うトランク容量は、492リッター(4WDは447リッター)。後席は分割可倒式で、トランクスルーが可能、長尺物も積載できるという。

グレードは、ベーシックな「X」と、オートエアコンやカーナビゲーション、サイドエアバッグなどを標準装備した上級「XV」の2種類。価格は、「X」が2WD/5MTモデルの127.3万円から4WD/4ATモデルの155.1万円、「XV」が2WD/5MTの142.3万円から、4WD/4ATモデルの170.1万円まで。

(webCG 大澤)

 
スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る