スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」に4ドアセダン登場

スズキは、2ボックスカー「エリオ」をベースとした4ドアセダン、その名も「エリオセダン」を、2001年11月14日に発売した。

「エリオセダン」は、2001年1月にデビューした2ボックス・5ドアモデル「エリオ」をベースに、4ドアボディを載せ、リアに独立したトランクを持たせた派生車種。11月7日に閉幕したばかりの第35回東京モーターショーで参考出品されていたので、すでに実車をご覧になった方もいるだろう。
機関面はエリオを受け継ぎ、VVT(可変バルブタイミング機構)付きの1.5リッター直4DOHC(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)に、5MTか4ATを組み合わせる。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDを用意する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4350×1690×1545mm、ホイールベースは2480mm。エリオと較べ、全長が120mm延長され、全高は5mm低くなった。クラス最大級を謳うトランク容量は、492リッター(4WDは447リッター)。後席は分割可倒式で、トランクスルーが可能、長尺物も積載できるという。

グレードは、ベーシックな「X」と、オートエアコンやカーナビゲーション、サイドエアバッグなどを標準装備した上級「XV」の2種類。価格は、「X」が2WD/5MTモデルの127.3万円から4WD/4ATモデルの155.1万円、「XV」が2WD/5MTの142.3万円から、4WD/4ATモデルの170.1万円まで。

(webCG 大澤)


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る