スズキ「Kei」一部改良

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ「Kei」一部改良

スズキは、軽乗用車「Kei」の一部を改良、新グレードを追加設定し、2001年11月14日から販売を開始した。

今回の改良の眼目は、ターボモデルの追加設定、安全装備などの充実の2点だ。

新グレード「N-1」は、中低速でのトルクに重点をおいた「Mターボ」エンジンを搭載したモデルだ。今回これをベースに、デザイナーの山本寛斎氏とのタイアップにより実現した特別仕様車「up to you KANSAI」もあわせて発売。専用フロントバンパーや同アルミホイール、デニム調のシート表皮/ドアトリムなどを採用し、ファッショナブルに仕上げたという。
価格は、「N-1」の2WDが92.3万円(5MT)と99.8万円(4AT)、4WDは104.0万円(5MT)と111.5万円(4AT)。「up to you KANSAI」は4ATのみで、109.8万円(2WD)と121.5万円(4WD)。

安全面では、前席エアバッグ、フロントシートベルトプリテンショナーとフォースリミッターを「スポーツR」を除く全車に標準装備したのが新しい。また、キーレスエントリーアンサーバック方式をハザードランプ点滅に変更。オーディオ装備は、「E」グレードがラジオ付きカセットステレオ、「N-1」はラジオ付きCDプレーヤー、「スポーツ」と「up to KANSAI」はラジオ付きMD/CDカセットステレオとしたのに加え、「スポーツ」には、バケットシート、ブルーのリフレクターヘッドランプを採用した。

価格は、最廉価グレード「E」(2WD/5MT)の87.9万円から、「スポーツ」(4WD/4AT)の141.4万円まで。

(webCG 大澤)

 
スズキ「Kei」一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る