スズキ「ワゴンR」、一部改良と新機種追加

2001.11.16 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」、一部改良と新機種追加

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」の一部を改良するとともに、3つの新グレード「FTエアロ」「RR-SWT」「N-1」を追加設定、2001年11月14日から販売を開始した。

今回の一部改良では、前席エアバッグとシートベルトプリテンショナーを全車に標準装備し、安全面を強化。加えて、NA車のフロントグリルをボディ同色化、リアコンビネーションランプをマルチリフレクタータイプに変更した。

新グレード「FTエアロ」は、中低速でのトルクに重点をおいた「Mターボ」エンジン搭載モデル。「RR-SWT」は、ガンメタリック塗装のフロントグリルやアルミホイール、ディスチャージヘッドランプ、革巻きステアリングホイールなどでスポーティ感を高めたグレードだ。
同時期に「Kei」「アルト」にもラインナップした「N-1」は、前席エアバッグ、エアコン、パワーウィンドウやパワーステアリング、キーレスエントリーなどを装備しつつ、従来の最廉価モデルより5.1万円安い価格としたモデルである。

価格は、NAモデルが「N-1」(2WD/5MT)の86.3万円から、「FMエアロ」(4WD/4AT)の121.5万円まで。「Mターボ」搭載の「FTエアロ」は4ATのみで、116.3万円(2WD)と127.5万円(4WD)。最上級グレード「RR」も4ATのみで、134.3万円(2WD)から154.8万円(4WD)まで。

(webCG 大澤)

 
スズキ「ワゴンR」、一部改良と新機種追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る