ホンダ「ライフダンク」に特別仕様車

2001.11.19 自動車ニュース

ホンダ「ライフダンク」に特別仕様車

本田技研工業は、軽自動車「ライフ」のターボモデル「ダンク」に、お買い得感を出した2台の特別仕様車「TSスペシャル」「TRスペシャル」を設定、2001年11月15日に発売した。

「ライフダンクTSスペシャル」は、「TSタイプ」をベースに、通常ではメーカーオプションのプライバシーガラス(リアドア/テールゲート)や、時計機能付きAM/FMチューナー+CDプレーヤー、メタリックセンターパネル、リアガーニッシュなどを追加装備。ベースより1.7万円安い、119.8万円(4WDは131.8万円)としたモデルだ。

いっぽう上級「TRタイプ」ベースの「TRスペシャル」は、時計機能付きAM/FMチューナー+MD・CDプレ−ヤー、本革巻きシフトノブを奢りつつ、価格を据え置いた。131.5万円(2WD)と143.5万円(4WD)。また「TRスペシャル」には、オーディオなしのモデルも、3.5万円安で用意される。

(webCG 有吉)

本田技研工業「ライフダンク特別仕様車」:
http://www.honda.co.jp/Dunk/type/special.html

 
ホンダ「ライフダンク」に特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
ホームへ戻る