日産「キャラバン」に10人乗り追加

2001.11.22 自動車ニュース

日産「キャラバン」に10人乗り追加

日産自動車は、ワンボックス「キャラバンコーチ」に、10人乗りの新グレードを追加設定。加えて「キャラバンバン」に、2リッターガソリン搭載「優-低排出ガス車(E-LEV)」認定車をオプション設定し、2001年11月20日に販売を開始した。あわせてオーテックジャパンから、特装車「ジャンボタクシー」「幼児通園専用車」も発売される。

2人〜12人乗りをそろえるキャラバンシリーズに加わった「キャラバンコーチ10人乗り」は、2.4リッターガソリンエンジン(140ps、20.6kgm)を搭載。全長4990mm、全幅1690mmのボディに、「2-2-3-3」のシートを配置する。トランスミッションは4段AT、駆動方式は2WDのみ。平成12年排出ガス規制25%低減レベル「良-低排出ガス車(G-LEV)」の認定を受けている。
価格は、「標準ルーフ DX」が216.0万円、標準より全高が295mm高い「ハイルーフ GX」は290.3万円(東京・名古屋・大阪地区)。

特装車「ジャンボタクシー」は、「コーチGX」をベースに、マガジンラックや定員分のカップホルダーなど付与し、事業用に仕立てたモデル。また「幼児通園専用車」は、大人2人、子供12人を乗せることができる。

(webCG 有吉)

日産自動車「キャラバン」:
http://www.nissan.co.jp/CARAVAN/E25/0104/index.html

日産「キャラバン」に10人乗り追加の画像

関連キーワード:
NV350キャラバン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)【試乗記】 2003.7.24 試乗記 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)
    ……364.3/268.0万円

    腰高で、しかも室内が上下に狭かった「日産プレサージュ」。厳しい消費者からの反応を汲んで、新型はどう変わったのか? 月販5000台を目指す意欲作に、『webCG』記者が北海道で試乗した。


ホームへ戻る