2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

2001.11.27 自動車ニュース

2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

プジョージャポンは、2002年度ヨーロッパカーオブザイヤーに「プジョー307」が選ばれたことを、2001年11月22日に発表した。

今年で39回目を迎える「ヨーロッパカーオブザイヤー」は、21カ国を代表する55人の選考委員によって選出される。プジョー307は、今年発表された対象車種29モデルの中から、選考委員の投票によりトップに選ばれた。プジョー車がヨーロッパカーオブザイヤーを受賞するのは、1969年の「504」、1988年の「405」に次ぐ3回目となる。

「307」は、「306」の後を継ぐ3/5ドアハッチモデルとして、2001年4月からフランスで販売開始、日本には同年10月6日から2リッターモデルが導入された。11月までの7ヶ月間に、世界90カ国で25万台を売り上げた。ちなみにヨーロッパでの台数内訳を見ると、1位は当然フランスで7万2000台、以下、イギリスが2万台、スペインが1万8000台。イタリアでは1万3000台、ドイツで1万1500台となる。今後は、第35回東京モーターショーに出品されたワゴンモデルの「307SW」をはじめモデルバリエーションを拡大する予定だという。

(webCG 大澤)

 
2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

307の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る