2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

2001.11.27 自動車ニュース

2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

プジョージャポンは、2002年度ヨーロッパカーオブザイヤーに「プジョー307」が選ばれたことを、2001年11月22日に発表した。

今年で39回目を迎える「ヨーロッパカーオブザイヤー」は、21カ国を代表する55人の選考委員によって選出される。プジョー307は、今年発表された対象車種29モデルの中から、選考委員の投票によりトップに選ばれた。プジョー車がヨーロッパカーオブザイヤーを受賞するのは、1969年の「504」、1988年の「405」に次ぐ3回目となる。

「307」は、「306」の後を継ぐ3/5ドアハッチモデルとして、2001年4月からフランスで販売開始、日本には同年10月6日から2リッターモデルが導入された。11月までの7ヶ月間に、世界90カ国で25万台を売り上げた。ちなみにヨーロッパでの台数内訳を見ると、1位は当然フランスで7万2000台、以下、イギリスが2万台、スペインが1万8000台。イタリアでは1万3000台、ドイツで1万1500台となる。今後は、第35回東京モーターショーに出品されたワゴンモデルの「307SW」をはじめモデルバリエーションを拡大する予定だという。

(webCG 大澤)

 
2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」の画像

関連キーワード:
307プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る