2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

2001.11.27 自動車ニュース

2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」

プジョージャポンは、2002年度ヨーロッパカーオブザイヤーに「プジョー307」が選ばれたことを、2001年11月22日に発表した。

今年で39回目を迎える「ヨーロッパカーオブザイヤー」は、21カ国を代表する55人の選考委員によって選出される。プジョー307は、今年発表された対象車種29モデルの中から、選考委員の投票によりトップに選ばれた。プジョー車がヨーロッパカーオブザイヤーを受賞するのは、1969年の「504」、1988年の「405」に次ぐ3回目となる。

「307」は、「306」の後を継ぐ3/5ドアハッチモデルとして、2001年4月からフランスで販売開始、日本には同年10月6日から2リッターモデルが導入された。11月までの7ヶ月間に、世界90カ国で25万台を売り上げた。ちなみにヨーロッパでの台数内訳を見ると、1位は当然フランスで7万2000台、以下、イギリスが2万台、スペインが1万8000台。イタリアでは1万3000台、ドイツで1万1500台となる。今後は、第35回東京モーターショーに出品されたワゴンモデルの「307SW」をはじめモデルバリエーションを拡大する予定だという。

(webCG 大澤)

 
2002年欧州カーオブザイヤーは「プジョー307」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る