トヨタ、移動オフィスになる「エスティマハイブリッド」発売

2001.11.30 自動車ニュース
 

移動オフィス「エスティマハイブリッド」発売

トヨタ車のカスタマイズカーなどを手がけるトヨタモデリスタインターナショナルは、ハイブリッドミニバン「エスティマハイブリッド」をベースに、オフィス機器を利用できる「ラウンジスペース」を備えたモデル、その名も「モバイルオフィス」を、2001年11月28日に発売した。


後部に備わる、黒木目調キャビネット。AC100ボルト電源を装備する。
 

「エスティマハイブリッド・モバイルオフィス」は、最大1500ワット(AC100V)の電力供給が可能な同車の特徴を活かし、パソコンやファックスなどを車内で利用できるようカスタマイズしたモデルだ。テーマは、「ハイブリッド・エグゼクティブカー」。ターゲットは“IT時代をリードするVIP”といったところか。

ベース車は7人乗りの「エスティマハイブリッド Gセレクション」。3列シートの後席2列を取り払い、替わりに専用の大型リアシート2座を装備して4人乗りとした。広くなったスペースに、ファックス収納スペースやVHSビデオデッキ&DVDプレーヤー、マガジンラックなどがついた「黒木目調リアキャビネット」を配置。加えて、7インチ液晶テレビ、可動式読書灯など、“移動オフィス”らしいアイテムが備わる。

価格は、ベース車より289.0万円高い、652.0万円。冷温蔵庫が、35.0万円でオプション設定される。詳しくは、公式サイトhttp://toyota.mediagalaxy.ne.jp/customize/estimahybrid/mobileoffice/、または「モデリスタコールセンター」(電話03-5453-6758)まで。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 「トヨタヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」発売 2016.7.7 自動車ニュース トヨタが「ヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」を発売。メッキ装飾や高輝度シルバー塗装を用いたきらびやかなエクステリアと充実した装備が特徴で、ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアやLEDフロントフォグランプを備えている。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る