トヨタ、移動オフィスになる「エスティマハイブリッド」発売

2001.11.30 自動車ニュース
 

移動オフィス「エスティマハイブリッド」発売

トヨタ車のカスタマイズカーなどを手がけるトヨタモデリスタインターナショナルは、ハイブリッドミニバン「エスティマハイブリッド」をベースに、オフィス機器を利用できる「ラウンジスペース」を備えたモデル、その名も「モバイルオフィス」を、2001年11月28日に発売した。


後部に備わる、黒木目調キャビネット。AC100ボルト電源を装備する。
 

「エスティマハイブリッド・モバイルオフィス」は、最大1500ワット(AC100V)の電力供給が可能な同車の特徴を活かし、パソコンやファックスなどを車内で利用できるようカスタマイズしたモデルだ。テーマは、「ハイブリッド・エグゼクティブカー」。ターゲットは“IT時代をリードするVIP”といったところか。

ベース車は7人乗りの「エスティマハイブリッド Gセレクション」。3列シートの後席2列を取り払い、替わりに専用の大型リアシート2座を装備して4人乗りとした。広くなったスペースに、ファックス収納スペースやVHSビデオデッキ&DVDプレーヤー、マガジンラックなどがついた「黒木目調リアキャビネット」を配置。加えて、7インチ液晶テレビ、可動式読書灯など、“移動オフィス”らしいアイテムが備わる。

価格は、ベース車より289.0万円高い、652.0万円。冷温蔵庫が、35.0万円でオプション設定される。詳しくは、公式サイトhttp://toyota.mediagalaxy.ne.jp/customize/estimahybrid/mobileoffice/、または「モデリスタコールセンター」(電話03-5453-6758)まで。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る