トヨタ、移動オフィスになる「エスティマハイブリッド」発売

2001.11.30 自動車ニュース
 

移動オフィス「エスティマハイブリッド」発売

トヨタ車のカスタマイズカーなどを手がけるトヨタモデリスタインターナショナルは、ハイブリッドミニバン「エスティマハイブリッド」をベースに、オフィス機器を利用できる「ラウンジスペース」を備えたモデル、その名も「モバイルオフィス」を、2001年11月28日に発売した。


後部に備わる、黒木目調キャビネット。AC100ボルト電源を装備する。
 

「エスティマハイブリッド・モバイルオフィス」は、最大1500ワット(AC100V)の電力供給が可能な同車の特徴を活かし、パソコンやファックスなどを車内で利用できるようカスタマイズしたモデルだ。テーマは、「ハイブリッド・エグゼクティブカー」。ターゲットは“IT時代をリードするVIP”といったところか。

ベース車は7人乗りの「エスティマハイブリッド Gセレクション」。3列シートの後席2列を取り払い、替わりに専用の大型リアシート2座を装備して4人乗りとした。広くなったスペースに、ファックス収納スペースやVHSビデオデッキ&DVDプレーヤー、マガジンラックなどがついた「黒木目調リアキャビネット」を配置。加えて、7インチ液晶テレビ、可動式読書灯など、“移動オフィス”らしいアイテムが備わる。

価格は、ベース車より289.0万円高い、652.0万円。冷温蔵庫が、35.0万円でオプション設定される。詳しくは、公式サイトhttp://toyota.mediagalaxy.ne.jp/customize/estimahybrid/mobileoffice/、または「モデリスタコールセンター」(電話03-5453-6758)まで。

(webCG 大澤)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る