トヨタ、移動オフィスになる「エスティマハイブリッド」発売

2001.11.30 自動車ニュース
 

移動オフィス「エスティマハイブリッド」発売

トヨタ車のカスタマイズカーなどを手がけるトヨタモデリスタインターナショナルは、ハイブリッドミニバン「エスティマハイブリッド」をベースに、オフィス機器を利用できる「ラウンジスペース」を備えたモデル、その名も「モバイルオフィス」を、2001年11月28日に発売した。


後部に備わる、黒木目調キャビネット。AC100ボルト電源を装備する。
 

「エスティマハイブリッド・モバイルオフィス」は、最大1500ワット(AC100V)の電力供給が可能な同車の特徴を活かし、パソコンやファックスなどを車内で利用できるようカスタマイズしたモデルだ。テーマは、「ハイブリッド・エグゼクティブカー」。ターゲットは“IT時代をリードするVIP”といったところか。

ベース車は7人乗りの「エスティマハイブリッド Gセレクション」。3列シートの後席2列を取り払い、替わりに専用の大型リアシート2座を装備して4人乗りとした。広くなったスペースに、ファックス収納スペースやVHSビデオデッキ&DVDプレーヤー、マガジンラックなどがついた「黒木目調リアキャビネット」を配置。加えて、7インチ液晶テレビ、可動式読書灯など、“移動オフィス”らしいアイテムが備わる。

価格は、ベース車より289.0万円高い、652.0万円。冷温蔵庫が、35.0万円でオプション設定される。詳しくは、公式サイトhttp://toyota.mediagalaxy.ne.jp/customize/estimahybrid/mobileoffice/、または「モデリスタコールセンター」(電話03-5453-6758)まで。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る