フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

2001.11.30 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ポロ」に装備を付与しつつ価格を据え置いた、特別仕様車「ポロ プラス」を設定し、2001年11月27日に販売を開始した。販売台数は3000台の限定となる。

「ポロ プラス」は、ポロの4ドア(4AT/右ハンドル)仕様をベースに、外装に14インチアルミホイールとフォグランプ、内装に革巻きステアリングホイールを標準装備した特別仕様車。価格はベース車と同じ195.0万円という、お買い得なモデルとした。ボディカラーは、「フラッシュレッド」「リフレックスシルバーメタリック」「ブラックマジックパールエフェクト」「インディゴブルーパールエフェクト」の4色が用意された。

ポロは、日本におけるフォルクスワーゲン車販売のうち、20%を占める主要モデルの1つ。VGJは、「ポロ プラス」の導入によって競合車との差別化をはかり、年末の販売増を狙うという。

(webCG 大澤)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る