フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

2001.11.30 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ポロ」に装備を付与しつつ価格を据え置いた、特別仕様車「ポロ プラス」を設定し、2001年11月27日に販売を開始した。販売台数は3000台の限定となる。

「ポロ プラス」は、ポロの4ドア(4AT/右ハンドル)仕様をベースに、外装に14インチアルミホイールとフォグランプ、内装に革巻きステアリングホイールを標準装備した特別仕様車。価格はベース車と同じ195.0万円という、お買い得なモデルとした。ボディカラーは、「フラッシュレッド」「リフレックスシルバーメタリック」「ブラックマジックパールエフェクト」「インディゴブルーパールエフェクト」の4色が用意された。

ポロは、日本におけるフォルクスワーゲン車販売のうち、20%を占める主要モデルの1つ。VGJは、「ポロ プラス」の導入によって競合車との差別化をはかり、年末の販売増を狙うという。

(webCG 大澤)

 
フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る