フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

2001.11.30 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデル

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ポロ」に装備を付与しつつ価格を据え置いた、特別仕様車「ポロ プラス」を設定し、2001年11月27日に販売を開始した。販売台数は3000台の限定となる。

「ポロ プラス」は、ポロの4ドア(4AT/右ハンドル)仕様をベースに、外装に14インチアルミホイールとフォグランプ、内装に革巻きステアリングホイールを標準装備した特別仕様車。価格はベース車と同じ195.0万円という、お買い得なモデルとした。ボディカラーは、「フラッシュレッド」「リフレックスシルバーメタリック」「ブラックマジックパールエフェクト」「インディゴブルーパールエフェクト」の4色が用意された。

ポロは、日本におけるフォルクスワーゲン車販売のうち、20%を占める主要モデルの1つ。VGJは、「ポロ プラス」の導入によって競合車との差別化をはかり、年末の販売増を狙うという。

(webCG 大澤)

 
フォルクスワーゲン「ポロ」にお買い得モデルの画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記