シトロエン「クサラ」に1.6リッターモデル加わる

2001.12.03 自動車ニュース
 

シトロエン「クサラ」に1.6リッターモデル加わる

シトロエンの総輸入元である新西武自動車は、「クサラ」のハッチバックとブレーク(ワゴン)に、1.6リッターエンジンを搭載した新グレード「1.6」を追加設定、2001年12月1日から販売を開始した。


「クサラ1.6」(上)と「クサラブレーク1.6」(下)
 

2001年6月に導入された2001年モデル「クサラ」は、2リッター直4DOHCエンジン(137ps、19.8kgm)搭載グレードのみだった。今回追加された「1.6」では、新開発の1.6リッター直4DOHCユニットを採用。最高出力108ps/5800rpm、最大トルク15.0kgm/4000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、2リッターモデル同様、学習機能の付いた電子制御4段ATとなる。

価格は、ハッチバック、ブレークとも、2リッター版より26.0万円安。ハッチが223.0万円、ブレークは238.0万円。電動ガラスサンルーフは10.0万円でメーカーオプション設定される。

(webCG 有吉)

新西武自動車「シトロエン」:
http://www.newseibu.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】 2003.6.25 試乗記 ……199.0万円
    総合評価……★★★★




  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】NEW 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る