オリジナルスポーツカー「ガライヤ」登場!!

2001.12.06 自動車ニュース

オリジナルスポーツカー「ガライヤ」登場!!

2001年12月4日、カー用品の専門店「オートバックス」を全国展開している、株式会社オートバックスセブンは、独自開発によるスポーツカー「我来也」(ガライヤ)を発表した。販売開始は、2002年秋を予定しており、価格は650万円。年間100台を販売目標とする。


ガライヤには、トミーカイラZZと同じく日産プリメーラ譲りのパワーソースが採用された。可変バルブ&リフト機構をもつ2リッター直4ツインカムは、オリジナルスペックと同じ204ps/7200rpmの最高出力と、21.0kgm/5200rpmの最大トルクを発生する。ZZは、燃料噴射装置がわざわざキャブレターに換装されたが、ガライヤはインジェクションのまま。パワーウェイトレシオ3.92kg/ps、0-100km/h5.2秒、最高速度220km/h以上を目標値とする。

■トミーカイラからASLへ

2001年12月4日、カー用品の専門店「オートバックス」を全国展開している(株)オートバックスセブンが独自開発によるスポーツカーを発表した。その名も勧善懲悪ドロボウ「自来也」、の元ネタ、中国は明代の怪盗の名前をとった「我来也」(ASL Graiya:ガライヤ)。「ワレ、ココニ来タル、見て見て!」というわけ。

ガルウィングドアを備えたド派手なボディはFRP製。中身は、檜ならぬアルミのバスタブにアルミ押し出し材を組み合わせ、前後にスチール角パイプからなるサブフレームを取り付けて前後ダブルウィッシュボーン/コイルのシャシーを構成した。ドライブトレインは、日産プリメーラ20Vの「横置き2リッターSRユニット(204ps、21.0kgm)+6段MT」を背中に背負ってミドシップにし……、とココまで読んで、京都のジャパニーズバックヤードビルダーたる「トミーカイラ」を思い出したアナタは正しい。


むき出しのアルミ素材が光るガライヤインテリア。センターパネル内にはオーディオが搭載されている。ZZではオルガン式だったペダルは、吊り下げ式となった。

ガライヤは、当局の不当な法規制で一時生産中止に追い込まれた豆スーパー2座オープン「トミーカイラZZ」を手がけた元「トミタ夢工場」の解良喜久雄氏によって開発された。なぜ、「トミーカイラ」ブランドでなく「ASL」との名がアタマに付くかというと、そもそもASLとは何なのかというと、「Autobacs Sports Car Laboratory(オートバックススポーツカー研究所)」の略である。ASLは、「小売業から開発小売業への企業基盤の転換を目指す」(プレス資料)オートバックスセブンによって、2001年に提携先のトミタ夢工場からスポーツカーの開発ノウハウをもつ人材を譲り受けて設立された。1970年からフォミュラカーの制作に携わる解良氏も、移籍した5名に含まれる。ガライヤは、「将来的には、500店舗に及ぶ全国のオートバックスグループで」販売される予定のオリジナルスポーツカー第1弾なのである。


ガライヤの発表会に参考出品された「RS-01」。これは「トミーカイラZZ II」として開発されていた。2000年12月18日に発表された、「ZZ II」のレンダリングモデルのスペックは、ボディサイズ全長×全幅×全高=4300×1860×1190mmと、ZZよりふたまわり以上大きい。日産スカイラインGT-R用2.6リッター直6「RB26DETT」をミッドに積み、最高出力550psを発生するという。価格は1000万円を予定するスーパーカーだ。

■2002年秋から、650万円を予定

「力強さと躍動感を全身で表現」、エアロウェッジシェイプと名付けられたボディデザインは、一時童夢に在籍、F3000やグループCカーのデザインに携わった西田典幸(現「DESIGN APPLE」代表)の手になる。
ガライヤのボディサイズは、全長×全幅×全高=3775(3630)×1825(1740)×1185(1110)mm、ホイールベースは2375(2375)mmと、トミーカイラZZよりひとまわり大きい(カッコ内がZZ)。車重の開発目標の800kg。これは、ZZより90kg重い数値だ。そのぶん(?)、スパルタンなトミーカイラZZに比べ、ガライヤにはクーペボディゆえ雨風をふせぐ屋根があるし(アタリマエだ!!)、日本の夏の必需品、エアコンディショナー(マニュアル)も標準装備される。ZZは、ヒーターすらオプションだったのに……。そのうえセンターコンソールには、2DIN規格ナビオーディオを収納可能。ピュアスポーツからの堕落、と嘆く方もおりましょうが、なにしろ年間100台の販売をもくろむオリジナルスポーツである。一般に最低限と考えられている居住および快適性は確保しないとイカンのだろう。




販売開始は2002年秋、価格は650万円が予定される。
詳細は、ASLコールセンター(Tel.0120-894-275)まで。

(webCG オオサワ)

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!