日産「セドリック/グロリア」マイナーチェンジ

2001.12.07 自動車ニュース
 

日産「セドリック/グロリア」マイナーチェンジ

日産自動車は「セドリック」「グロリア」をマイナーチェンジし、2001年12月4日に発売した。

写真上:「セドリック」、下:「グロリア」

 

今回の改良では、内外装を変更し、兄弟車である「セドリック」「グロリア」それぞれの差別化を図るのが狙い。セドリックはより高級車に、グロリアはよりスポーティにふったという。

両車共通の変更点は、「ファインビジョンメーター」やスイッチ、インジケーター、オーディオの照明部分をオレンジ色に統一したこと。また7インチ液晶モニター、文字情報が得られるFM多重VICS(レベル1・2)を全車に標準装備したのも新しい。
さらに安全面では、SRSカーテンシールドエアバッグを採用(一部にオプション設定)。環境面では、V6モデル全車が国土交通省の低排出ガス車認定制度で「良-低排出ガス車」の認定を受けた。

セドリックには、新フロントグリル、ワイド感を強調したという新バンパーグリルを装着。加えてリアコンビネーションランプの配色を変更した。内装においては、「心地よい明るさと高級感のある」(カタログ)「エクリュ」シートを設定、木目調本革コンビステアリングホイールも付与した(「250L」「250L NAVIエディション」「250L-Four」を除く)。
価格は、2WDが2.5リッター「250L」の314.0万円から、3リッター「300LX VIP-Z」の539.0万円、4WDは「250L-Four」の364.0万円と「250LV-Four」404.0万円。
いっぽうのグロリアは、スポーティグレード「グランツーリスモ」に一本化された。丸目となった4灯ヘッドランプ、新意匠のフロントグリルやフロントバンパー、スモークのかかったリアコンビネーションランプを採用、スポーティ感とともに精悍さを演出したという。
加えて内装にブラックのシート生地、ディンプル付きの本革巻きステアリングホイールを標準装備した(「250S」「250S NAVIエディション」「250S-Four」を除く)。
価格は、2WDが2.5リッター「グランツーリスモ250S」の314.0万円から、3リッター「グランツーリスモ300ULTIMA-VZ」の553.0万円まで。4WDは、「グランツーリスモ250S-Four」の368.0万円と「グランツーリスモ250SV-Four」の407.0万円となる。

(webCG 有吉)

日産自動車「セドリック」:
http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/Y34/0112/index0.html
同「グロリア」:
http://www.nissan.co.jp/GLORIA/Y34/0112/index0.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 新型「セドリック」インプレッション 1999.7.29 自動車ニュース 「日産セドリックLV」に試乗した。240馬力の直噴ガソリンV6エンジン搭載車だ。「日産セドリック」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースにしたクルマである。「LV」は3リッターV6DOHC直噴ガソリンエンジン「VQ30DD」(240馬力)を搭載した後輪駆動だ。価格は378.0万円である。「セドリック」といえばリチャードブランソン、ではなかった、広告イメージ、なんでしたっけ? グロリアのブランソンの広告、いまごろなんで?ってかんじだけれど印象には残ってますね。興味は、次世代プラットフォームがどれだけいいか、という点にありました。コストコントロールが推し進められているいっぽうで、次世代エルグランドをはじめ、これから出る大型車に用いられることが発表されているだけに、「走り」で売ってきた日産がどういう妥協点をさぐったのか、そこが知りたかったわけです。乗った印象は、けっこうよかったですねえ。ハンドリングはけっこうスポーティでいて、乗り心地は快適なんです。エンジンも力があって、なおかつよく回るという、自動車好きにとってなかなか楽しめるクルマです。問題がないわけではありませんが。そうそう。サスペンションはストロークをたっぷりとっているにもかかわらず、トレッド変化をうまく抑えているので、乗り心地のよさと操縦性の高さが両立しているんです。トヨタのクルマなどは、操縦性を重視するときはストロークを少なくしてトー変化を抑えるので、結果として乗り心地が硬めになってしまってますが、こういう点では日産に軍配があがりますね。問題点をあえて言うと、低速時のパワーステアリングの設定があいまいで、かつ軽すぎるということがまずあげられます。それから電子制御スロットルの設定がおおざっぱすぎて、車庫入れなど低速時でのコントロールがやりにくいんです。いまはエンジンとトランスミッションの統合制御が進んでいて、これにトラクションコントロールが加わったりしています。電子制御スロットルのメリットは、ドライブトレインの統合制御と組み合わせることによって、つねに豊かなトルクが出るようにしているところにあります。しかし「セドリック」の場合は、ポテンシャメータなどのハードウェア、あるいは情報のプロセッシングというソフトウェアのどちらかに問題があるわけです。電子制御スロットルというのがいま過渡期にある技術だなあとつくづく感じさせられます。あとは室内が狭いとか、デザイン的なものもちょっとなあ……というのがありませんか? CEOのカルロスゴーン氏が乗りこんでデザインチェックをしていたのをテレビで観ましたが、多少はよくなるでしょうか。運転席のドアを開けると自動的にウィンドウが下がるなど小技が効いていますが、雨の日にコマるとか、このへんの「親切さ」も過渡期にあるようですね。 松本英雄 小川フミオ
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • 日産「セドリック/グロリア」マイナーチェンジ 2001.12.7 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」「グロリア」をマイナーチェンジし、2001年12月4日に発売した。
  • 「セドリック」、「グロリア」40周年記念車を発売 2000.1.13 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」、「グロリア」誕生40周年を記念して、「40thAnniversary」を設定し、1月7日から発売した。今回発売された「40th Anniversary」は、セドリックの「300LV」「250LV」、グロリアの「300TX」「250TX」をベースに、記念キー、記念エンブレム、運転席オートスライドなどの特別装備を採用している。セドリック「300LV 40th Anniversary」には、後席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを、「250LV 40th Anniversary」には、助手席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを採用し、ラグジュアリーな雰囲気を強調、グロリア「300TX 40th Anniversary」、「250TX 40thAnniversary」には、215/50R17タイヤと17インチアルミホイールを採用、スポーティさを強調した。価格はセドリック「250LV 40th Anniversary」が349.0万円、「300LV 40thAnniversary」が388.0万円、グロリア「250TX 40th Anniversary」が353.0万円、「300TX 40th Anniversary」が385.0万円となる。新型セドリックのセールスは、ライバルのトヨタ・クラウンに比べると精彩を欠くものになっているようです。テコいれは「40周年記念モデル」というよりも、クラウン・アスリートに対して本家本元と言える「グランツーリスモ」の登場ではなかったか? と、私はこの場をかりてカルロス氏に進言させていただきます。(Web CGあらい)
ホームへ戻る