ホンダ「シビックハイブリッド」発売

2001.12.18 自動車ニュース

ホンダ「シビックハイブリッド」発売

本田技研工業は、4ドアセダン「シビックフェリオ」をベースに、同社のハイブリッドシステム「IMAシステム」を搭載した、「シビックハイブリッド」を、2001年12月14日に発売した。価格は、209.0万円。トヨタのハイブリッドセダン「プリウス S」より9.0万円安い。

■リッター29.5km

「シビックハイブリッド」は、1999年9月に発売された「インサイト」に次ぐ、ホンダのハイブリッドカー第2弾だ。インサイトで採用したハイブリッド機構「IMA(インテグレーテッドモーターアシスト)システム」を進化させた、その名も「新Honda IMAシステム」を搭載、環境性能の向上を図った。ジマンの燃費は、カタログ値でリッター29.5km(!)。「5人乗り量産ガソリン車として世界最高となる超低燃費」(プレスリリース)を実現したという。ちなみにプリウスの燃費は、リッター29.0kmである。

パワーユニットは、「フィット」に搭載される低燃費型の1.3リッター「i-DSI」ガソリンエンジンと、電気モーターの組み合わせ。トランスミッションは、インサイトでも採用された無段変速機(CVT)「ホンダマルチマチックS」だ。
発進時などエンジンへの負荷が大きい場合はモーターがアシスト、負荷の少ない一定速度での巡航減時にはエンジンのみ、減速時には回生ブレーキによって電気エネルギーを回収し、バッテリーに蓄電する、という仕組みである。

1.3リッターエンジンは、最高出力86ps/5700rpm、最大トルク12.1kgm/3300rpmを発生。1気筒あたり2本の点火プラグで混合気の燃焼をコントロールするとともに、リーンバーン化。また、ホンダ得意の「VTEC」を、気筒体止用に応用。減速時には、4気筒のうち3気筒を体止状態にすることを可能とした。これにより、減速時にエンジンブレーキで失われるエネルギーの損失を抑え、より効率的なエネルギーの回生ができるという。

発展型「IMAシステム」は、全体に高効率化、コンパクト化が図られた。特にニッケル水素バッテリーは、蓄電効率を高めたことで容積を3割削減できたという。その結果、PCU(パワーコントロールユニット)とバッテリーがリアシート背面に収納可能となった。トランクルームには、9インチゴルフバッグが4個収まる。
モーターは従来モデルとほぼ同じサイズだが、内部の機構の見直しでアシストトルク、回生トルクとも30%高めた。モーター自体の最高出力は10kW/4000rpm、最大トルク5.0kgm/1000rpmとなる。
また触媒機能も強化され、国土交通省の排ガス基準で最高レベルとなる「超―低排出ガス」認定を取得した。

(webCG 有吉)

本田技研工業「シビックハイブリッド」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic-hybrid/

 
ホンダ「シビックハイブリッド」発売の画像

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
ホームへ戻る