ボルボ「V70」にスポーティモデル追加

2001.12.20 自動車ニュース

ボルボ「V70」にスポーティモデル追加

ボルボカーズジャパンは、ステーションワゴン「V70」の2002年モデルから、250psを発生する2.3リッター直5ターボを搭載したスポーティグレード「T-5スポーツ」を追加設定、2002年1月から販売を開始する。価格は、575.0万円。

「V70 T-5スポーツ」は、パワフルなエンジンとスポーティな装備を与えた、同シリーズの最上級グレードだ。

パワーユニットは、可変バルブタイミング機構を備えた2.3リッター直5 DOHC20バルブ ハイプレッシャーターボ インタークーラー付き。最高出力250ps/5200rpm、最大トルク33.7kgm/2400-5200rpmを発生する、「シリーズ最強」(プレスリリース)ユニットである。

装備面では、専用デザインの17インチ「Thor」アルミホイールや、高いホールド性を謳うスポーツレザーシート、アルミニウムパネル、ルーフスポイラーを採用し、スポーティさを演出。オーディオは、V70専用のチューニングをうけた、AM/FMラジオ付きCD/MDプレーヤー+ハーマンカードン製「プレミアムスピーカー」(11個)、総出力325Wの専用アンプ(300Wハイパワーアンプ+25Wセンタースピーカー用アンプ)の「プレミアムサウンドオーディオシステム」となる。

さらにオプションパッケージとして、セルフレベリングシステムなどを備えた「スポーツサスペンション」と18インチ「Capella」アルミホイール、ロープロファイルなミシュラン「Pilot Sport TL」タイヤ(235/40ZR18)で構成される「スポーツプラスパッケージ」を用意。通常66.76万円で販売されるこのパッケージ、「T-5スポーツ」では49.5万円となる。

(webCG 有吉)

 
ボルボ「V70」にスポーティモデル追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る