巨人 松井、「メルセデスベンツC180」をもらう

2001.12.25 自動車ニュース

巨人 松井、「メルセデスベンツC180」をもらう

ヤナセは、「2001 ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」の受賞者を、東京読売巨人軍の松井秀喜選手に決定したと、2001年12月17日に発表した。受賞商品は、「メルセデスベンツC180」。

今年で16回目となる「2001ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」は、読売巨人軍の選手の中で、1シーズンを通してもっとも活躍したひとに贈られるというもの。ヤナセと読売巨人軍が選考を行った結果、今シーズン本塁打36本、打点104、打率.333という成績を残した松井選手に決まった。松井選手には、ヤナセ取り扱い車種の中から、メルセデスベンツのセダン「C180」(2リッター直4エンジン/5AT/395.0万円。写真)が贈呈された。
なお、松井選手にとっては2年連続4度目の受賞。すでにシボレー・カマロ(96年)、サーブ9-3(98年)、キャディラック・セビル(00年)が贈られている(すごいというか、なんともうらやましいかぎり…)。

(webCG 有吉)

 
巨人 松井、「メルセデスベンツC180」をもらうの画像

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス 2018.2.23 画像・写真 ダイムラーは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、マイナーチェンジを施した「メルセデス・ベンツCクラス」を披露する。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
ホームへ戻る