マツダ「カペラワゴン」に新グレード、「プレマシー」に限定車

2001.12.25 自動車ニュース
 

マツダ「カペラワゴン」に新グレード、「プレマシー」に限定車

マツダは、ステーションワゴン「カペラワゴン」に、装備を充実しつつ価格を引き下げた新グレード「SXスポルトII」を追加設定。あわせて3列シートを持つワゴン「プレマシー」には、スポーティな演出を施した限定車「G-スポーツ」を設定し、2001年12月20日から販売を開始した。


写真上:「カペラワゴン スポルトII」
写真下:「プレマシーG-スポーツ」
 

「カペラワゴンSXスポルトII」は、エアロパーツやナルディ製ステアリングホイールなどを標準装備した「SX SPORT」の、2リッターFFモデルがベース。外装に、新デザインのアルミホイールと16インチタイヤ、ハイマウントストップランプ内蔵のリアスポイラーを装着したのが特徴だ。
機能面では、リアドアにガラスハッチが装備され、荷物の出し入れが容易になったという。加えて6連奏CDチェンジャーを与え、「スタイリッシュさと機能性を高めている」(プレスリリース)。
価格は、ベースモデルより29.6万円安い199.8万円、お買い得感のある価格設定としたという。なお、従来型の2リッター直4を搭載する前輪駆動の「SX」及び「SX SPORT」は、「SX SPORT II」に統合された。

いっぽうプレマシーの限定車「G-スポーツ」は、1.8リッター直4搭載のFFモデルをベースに、上級モデル「SPORT」に装着されるエアロパーツを付与。16インチアルミホイールや専用内装などで、スポーティな演出を施したモデルだ。専用ボディ色として、「チタニウムグレーメタリック」(写真)を用意する。

特別装備の内容は以下のとおり。
<外観>
・フロント&サイドエアダムスカート、リアアンダースカート、リアルーフスポイラー、16インチアルミホイール
<内装>
・専用のシート地&トリム(ブラック)、カーボン調センターパネル(ブラック)

価格はベース車の18.0万円高。5人乗り仕様が186.8万円、7人乗り仕様は194.8万円。1800台の限定販売となる。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る