マツダ「カペラワゴン」に新グレード、「プレマシー」に限定車

2001.12.25 自動車ニュース
 

マツダ「カペラワゴン」に新グレード、「プレマシー」に限定車

マツダは、ステーションワゴン「カペラワゴン」に、装備を充実しつつ価格を引き下げた新グレード「SXスポルトII」を追加設定。あわせて3列シートを持つワゴン「プレマシー」には、スポーティな演出を施した限定車「G-スポーツ」を設定し、2001年12月20日から販売を開始した。


写真上:「カペラワゴン スポルトII」
写真下:「プレマシーG-スポーツ」
 

「カペラワゴンSXスポルトII」は、エアロパーツやナルディ製ステアリングホイールなどを標準装備した「SX SPORT」の、2リッターFFモデルがベース。外装に、新デザインのアルミホイールと16インチタイヤ、ハイマウントストップランプ内蔵のリアスポイラーを装着したのが特徴だ。
機能面では、リアドアにガラスハッチが装備され、荷物の出し入れが容易になったという。加えて6連奏CDチェンジャーを与え、「スタイリッシュさと機能性を高めている」(プレスリリース)。
価格は、ベースモデルより29.6万円安い199.8万円、お買い得感のある価格設定としたという。なお、従来型の2リッター直4を搭載する前輪駆動の「SX」及び「SX SPORT」は、「SX SPORT II」に統合された。

いっぽうプレマシーの限定車「G-スポーツ」は、1.8リッター直4搭載のFFモデルをベースに、上級モデル「SPORT」に装着されるエアロパーツを付与。16インチアルミホイールや専用内装などで、スポーティな演出を施したモデルだ。専用ボディ色として、「チタニウムグレーメタリック」(写真)を用意する。

特別装備の内容は以下のとおり。
<外観>
・フロント&サイドエアダムスカート、リアアンダースカート、リアルーフスポイラー、16インチアルミホイール
<内装>
・専用のシート地&トリム(ブラック)、カーボン調センターパネル(ブラック)

価格はベース車の18.0万円高。5人乗り仕様が186.8万円、7人乗り仕様は194.8万円。1800台の限定販売となる。

(webCG 大澤)

関連キーワード:
プレマシーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売 2012.1.26 自動車ニュース マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る