ダイハツ「ストーリア」マイナーチェンジ

2001.12.25 自動車ニュース

ダイハツ「ストーリア」マイナーチェンジ

ダイハツ工業は、エントリーモデル「ストーリア」をマイナーチェンジし、2001年12月19日に発売した。

「新1000ccスタイル」をテーマに、1998年2月にデビューした“リッターカー”、「ストーリア」。2000年5月には1.3リッターエンジンが加わり、同社のエントリーモデルしての地位を着々と築いてきた。クループ企業、トヨタ自動車には「デュエット」の名でOEM供給もされている。

今回のマイナーチェンジの眼目は、内外装の一新、新型の1.3リッターエンジンの追加、環境性能の向上である。

外観上の変更のテーマは、「安定感、安心感、上質感」。新デザインのフロントグリル、ヘッドランプ、前後バンパーなどを採用、「宇宙人顔」がちょっと精悍になった。フロント意匠変更にともない、全長が従来比30mmプラスされ、車格感の向上を図った。ボディ色は、2種の新色「シルバーメタリックオパール」「ライトローズメタリック」を含む全7色を用意する。
内装においては、インストルメントパネル、センタークラスター、ヒーターコントロールパネル、ドアトリムを変更し、上質感、広々感を出したという。

エンジンは、1リッター「EJ-VE型」(64ps、9.6kgm)、1.3リッター「K3-VE2型」(110ps、12.8kgm)に加え、街乗り重視型の1.3リッター「K3-VE型」(90ps、12.6kgm)がラインナップされた。

環境面では、ダイハツ独自の排出ガス浄化触媒「TOPAZ触媒」の採用により、一部グレードを除く2WD車で「超−低排出ガス車」の認定をうけた。

価格は、1リッターモデルが「CL」(2WD/5MT)の91.2万円から「1.0CX」(4WD/4AT)の135.8万円まで、1.3リッター版は、「1.3CX」(2WD/5MT)の120.8万円から「Touring」(4WD/4AT)の160.3万円まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「ストーリア」:
http://www.daihatsu.co.jp/storia/index.htm

 
ダイハツ「ストーリア」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 東京オートサロン2017(ダイハツ) 2017.1.13 画像・写真 ダイハツブースでは、往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」を想起させるカラーリングの「SPORZA(スポルザ)」シリーズや、上質感と存在感を高めた「Grand Custom(グランドカスタム)」が人気に。会場の様子を写真で紹介。
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る