トヨタ「ヴィッツ」マイナーチェンジ

2001.12.27 自動車ニュース

トヨタ「ヴィッツ」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」をマイナーチェンジし、2001年12月20日に発売した。眼目は、環境性能の向上と、大部分のグレードにおける値下げである。

今回の改良では、1リッター「1SZ-FE型」エンジン搭載モデルの環境性能を向上させ、低排出ガス車認定制度「平成12年基準排出ガス75%低減レベル 超-低排出ガス」の認定をうけた。

「グラヴィア」「RS」を除く各車で価格を2%から4%引き下げたのもポイントだ。1リッターモデルが、81.5万円(3ドア/2WD/5MT)から108.5万円(5ドア/2WD/4AT)まで、1.3リッター版は101.8万円(3ドア/2WD/5MT)から154.0万円(5ドア/4WD/4AT)まで、1.5リッター版は145.3万円(3ドア/2WD/5MT)から158.0万円(5ドア/2WD/4AT)までとなる。

そのほか、フロントバンパーやグリルの意匠変更、メッキ部品の追加などし質感の向上を図ったのに加え、主要グレードに6:4分割可倒式リアシート、プッシュ式のバックドアオープナーなどを採用し、機能装備を充実した。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ヴィッツ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Vitz/

 
トヨタ「ヴィッツ」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る