フォルクスワーゲン、主要モデルを値下げ

2001.12.29 自動車ニュース
 

フォルクスワーゲン、主要モデルを値下げ

2001年12月27日、フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、「ゴルフ」「ゴルフワゴン」「ボーラ」の価格を、一部グレードで引き下げることを発表した。新価格適用は、2002年1月1日から。



 

今回価格が改定されるのは、フォルクスワーゲンの主力車種ともいえる「ゴルフ」とそのワゴンモデル、さらに、4ドアセダン「ボーラ」の3種類。新価格は、3.0万円から、最大10.0万円の値下げとなる。

新価格は以下のとおり

ゴルフ
E:219.0万円(マイナス10.0万円)
CLi:249.0万円(マイナス8.0万円)
GLi:270.0万円(マイナス3.5万円)
GTI(MT):289.0万円(マイナス4.0万円)
GTI(AT):299.0万円(変更なし)
GTX:340.0万円(マイナス3.0万円)



 

ゴルフワゴン
E:236.0万円(マイナス9.0万円)
GLi:275.0万円(マイナス3.0万)

ボーラ
2.0:269.0万円(マイナス4.0万円)
V5:325.0万円(変更なし)
V6 4MOTION:365.0万円(変更なし)

フォルクスワーゲンの、2001年度における国内登録台数は、輸入単一ブランドとして初めてという、6万台を超える見通し。その中で、ゴルフハッチバックシリーズは約1.5万台、ゴルフワゴンシリーズは約1万台、ボーラシリーズは約3千台の販売実績がある主力モデルだ。

(webCG 大澤)

関連キーワード:
ゴルフボーラゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記