「PTクルーザー」「グランドチェロキー」の2002年モデル

2002.01.07 自動車ニュース
 

「PTクルーザー」「グランドチェロキー」の2002年モデル

ダイムラークライスラー日本は、クライスラー「PTクルーザー」およびジープ「グランドチェロキー」の2002年モデルを、2002年1月12日から販売する。



 

■マニュアル感覚のシフトが可能に

クライスラー「PTクルーザー」は、セダン「ネオン」をベースにつくられた、ユニークなデザインがウリのモデル。日本には、2000年7月15日から導入が開始された。グレードは、標準「クラシック」と、ハロゲンフォグランプや革巻きステアリングホイール、レザーシートなどが奢られる「リミテッド」の2種類となる。

2002年モデル最大の特徴は、4段ATにレバー操作でマニュアル感覚のシフトが味わえる「オートスティック」を採用した点。素早くレバーを動かせば、1速-3速というように、ギアを飛ばして入れることもできるという。
エクステリアでは、前後バンパーをボディ同色化。インテリアでは、助手席アームレストが標準装備となった。

価格は、クラシックが245.0万円、リミテッドは290.0万円だ。

■安全装備の充実

ジープのフラッグシップ「グランドチェロキー」の2002年モデルは、従来と同じ、4.7リッターV8を搭載する標準「ラレードV8」(5段AT)、4リッター直6を搭載、レザーシートなど豪華装備の「リミテッド」(4段AT)、そして最上級グレード「リミテッドV8」(5段AT)の3種類だ。

2002年モデルでは、安全装備が充実した。全モデルに「サイドカーテンエアバッグ」「リアセンター3点式シートベルト」と「ヘッドレスト」が標準で備わる。デザイン上は、エクステリアでホイール、インテリアではホワイトメーターのデザインが新しいものとなった。リミテッドとリミテッドV8には、雨量感知機能付きの「無段間欠式フロントワイパー&ウォッシャー」が標準装備された。

価格は、ラレードV8が402.0万円、リミテッドが454.0万円、リミテッドV8は530.0万円となる。

詳しくは「クライスラー・ジープコール」(電話:0120-712-812、受付時間:月〜金の午前9時から午後7時)、または以下のサイトまで。

(webCGオオサワ)

クライスラーウェブサイト:http://www.chrysler-japan.com
ジープウェブサイト:http://www.jeep-japan.com

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る