日産「シーマ」一部改良

2002.01.07 自動車ニュース

日産「シーマ」一部改良

日産自動車は、「シーマ」の一部を改良し、2001年12月25日に発売した。また同車誕生15周年を記念した特別仕様車「15th Anniversary」を設定、2002年1月22日に発売する。

従来まで一部グレードにメーカーオプション設定されていた「助手席パワーオットマン機構」や、オプションの「エクリュ本革+前席シートヒーター」を拡大設定。さらに一部グレードにのみ装着された「本木目・本革巻きコンビステアリングホイール」「本木目フィニッシャー」「電子キー」を、全車に標準装備した。ボディ色には、新たに「ダイヤモンドシルバーメタリック」「シリカブレス」の2色が加わった。

価格は、3リッターV6ターボ「300G」の498.0万円から、4.5リッターV8「450VIP」696.0万円まで。

特別仕様車「シーマ15th Anniversary」は、上級「450VIP」「450XV」をベースに、ベースモデルではオプション装備となる「カフェラテ本革」(パンチングシート表皮、アカンサス&シーマロゴ刺繍入り)+前席シートヒーターや、専用の「本木目フィニッシャー」、12インチウーファーを備える「BOSEサウンドシステム」、車間自動制御システム「レーザーレーダー」を盛り込んだモデルだ。さらに専用の15周年記念キー、本革の車検証入れも付いてくる。
2002年1月から3月までの期間限定販売で、価格は「450VIP」がベース車プラス36.0万円の732.0万円、「450XV」は同プラス38.0万円で、658.0万円。(上記価格はすべて東京・名古屋・大阪地区のもの)

(webCG 有吉)

日産自動車「シーマ」:
http://www.nissan.co.jp/CIMA/F50/0112/FLASH/index.html

 
日産「シーマ」一部改良の画像

関連キーワード:
シーマ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る