スズキ、「エリオ」を一部改良

2002.01.11 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」を一部改良

スズキは、ハッチバック「エリオ」の一部を改良し、2002年1月9日から販売を開始した。

今回の主な変更点は、内外装の向上と機能装備の充実。オートマチックトランスミッションの改良などだ。

外観は、全車のフロント、リア、サイドに、アンダースポイラ−とルーフエンドスポイラ−を装着。フロントバンパーには、マルチリフレクターフォグランプが追加された。またボディ色に、黒「ブルーイッシュブラックパール3」と紺「キャッツアイブルーメタリック」を新設定、全部で5色となった。
内装は、グレーのシート表皮とドアトリムを採用。ステアリングホイールのパッド部分にガンメタリック塗装が施された。
機能面では、上級グレード「XV」に1DINサイズのナビゲーションと、CDチューナー&トゥイーター、オートエアコン、サイドエアバッグを標準装備。
4段AT車には、坂道で不要な変速を抑える登降坂制御を追加、乗りやすさと実用燃費向上がはかられた。

価格は、標準グレード「XR」が130.0万円(5MT/2WD)から157.8万円(4AT/4WD)まで、上級グレードの「XV」は、154.3万円(5MT/2WD)から182.1万円(4AT/4WD)までとなる。

(webCG 大澤)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)/ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)【試乗記】 2013.8.13 試乗記 「エネチャージ」「新アイドリングストップ」「デュアルジェットエンジン」の採用で26.4km/リッターの低燃費を実現した「スイフト」と、衝突被害軽減ブレーキを搭載した「ワゴンR」に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る