スズキ、「エリオ」を一部改良

2002.01.11 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」を一部改良

スズキは、ハッチバック「エリオ」の一部を改良し、2002年1月9日から販売を開始した。

今回の主な変更点は、内外装の向上と機能装備の充実。オートマチックトランスミッションの改良などだ。

外観は、全車のフロント、リア、サイドに、アンダースポイラ−とルーフエンドスポイラ−を装着。フロントバンパーには、マルチリフレクターフォグランプが追加された。またボディ色に、黒「ブルーイッシュブラックパール3」と紺「キャッツアイブルーメタリック」を新設定、全部で5色となった。
内装は、グレーのシート表皮とドアトリムを採用。ステアリングホイールのパッド部分にガンメタリック塗装が施された。
機能面では、上級グレード「XV」に1DINサイズのナビゲーションと、CDチューナー&トゥイーター、オートエアコン、サイドエアバッグを標準装備。
4段AT車には、坂道で不要な変速を抑える登降坂制御を追加、乗りやすさと実用燃費向上がはかられた。

価格は、標準グレード「XR」が130.0万円(5MT/2WD)から157.8万円(4AT/4WD)まで、上級グレードの「XV」は、154.3万円(5MT/2WD)から182.1万円(4AT/4WD)までとなる。

(webCG 大澤)

 
スズキ、「エリオ」を一部改良の画像

関連キーワード:
エリオスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記