スズキ、「エリオ」を一部改良

2002.01.11 自動車ニュース

スズキ、「エリオ」を一部改良

スズキは、ハッチバック「エリオ」の一部を改良し、2002年1月9日から販売を開始した。

今回の主な変更点は、内外装の向上と機能装備の充実。オートマチックトランスミッションの改良などだ。

外観は、全車のフロント、リア、サイドに、アンダースポイラ−とルーフエンドスポイラ−を装着。フロントバンパーには、マルチリフレクターフォグランプが追加された。またボディ色に、黒「ブルーイッシュブラックパール3」と紺「キャッツアイブルーメタリック」を新設定、全部で5色となった。
内装は、グレーのシート表皮とドアトリムを採用。ステアリングホイールのパッド部分にガンメタリック塗装が施された。
機能面では、上級グレード「XV」に1DINサイズのナビゲーションと、CDチューナー&トゥイーター、オートエアコン、サイドエアバッグを標準装備。
4段AT車には、坂道で不要な変速を抑える登降坂制御を追加、乗りやすさと実用燃費向上がはかられた。

価格は、標準グレード「XR」が130.0万円(5MT/2WD)から157.8万円(4AT/4WD)まで、上級グレードの「XV」は、154.3万円(5MT/2WD)から182.1万円(4AT/4WD)までとなる。

(webCG 大澤)

 
スズキ、「エリオ」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る