トヨタ「クルーガーV」「プリウス」「イプサム」特別仕様車

2002.01.17 自動車ニュース

トヨタ「クルーガーV」「プリウス」「イプサム」特別仕様車

トヨタ自動車は、「クルーガーV」「プリウス」「イプサム」に特別仕様車を設定、クルーガーVを2002年1月9日に、プリウスとイプサムは1月10日に発売した。

■クルーガーV特別仕様車「ナビパッケージ」

その名のとおり、カーナビゲーションを特別装備としたモデル。DVDボイスナビゲーションにはVICS(FM多重)機能が備わるほか、7インチディスプレイはバックモニターとしても利用できる。
加えて、17インチタイヤ&アルミホイール、ディスチャージヘッドランプ、スポーツチューンドサスペンションなど「Sパッケージ」の装備も奢られる。
全グレードに設定。価格は、2.4リッター直4(160ps、22.5kgm)+FFモデルの280.0万円から、3リッターV6(220ps、31.0kgm)+4WDの334.0万円まで。

■プリウス特別仕様車「Sプレミアム」

ベーシックグレード「S」をベースに、「高級感を高める」(プレスリリース)装備を与えたモデルだ。
「スーパークロムメタリック塗装樹脂」のホイールキャップと、UVカット機能付きプライバシーガラスで外観をお化粧。さらに、スエード調の専用フルファブリックシート表皮&ドアトリムや本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、木目調のスイッチベースなどを採用した。
またDVDボイスナビゲーションシステム、クルーズコントロール、電動格納式ヒーター付きカラードドアミラーなども備わる。
価格はベースモデルの18.5万円高、236.5万円。

■イプサム特別仕様車「240iリミテッド」

ベース車は「240i」。専用のスポーティメーターとシート&ドアトリム表皮、16インチタイヤ&アルミホイール(通常は15インチ)、フォグランプなどを特別装備した、スポーティを謳うモデルだ。
価格はベースモデルのプラス6.0万円、2WDが223.0万円、4WDは247.0万円。ともに7人乗りとなる。

(webCG 有吉)

トヨタ「クルーガーV」「プリウス」「イプサム」特別仕様車の画像



トヨタ「クルーガーV」「プリウス」「イプサム」特別仕様車の画像

上から、クルーガーV特別仕様車「ナビパッケージ」、プリウス特別仕様車「Sプレミアム」、イプサム特別仕様車「240iリミテッド」

上から、クルーガーV特別仕様車「ナビパッケージ」、プリウス特別仕様車「Sプレミアム」、イプサム特別仕様車「240iリミテッド」

関連キーワード:
クルーガープリウスイプサムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る