ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場

2002.01.18 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場

ダイハツ工業は、軽自動車のSUV「テリオスキッド」の派生モデル「テリオスルキア」を、2002年1月9日に発売した。同時に、テリオスキッドと乗用車「テリオス」の一部改良を行った。

「テリオスルキア」は、659cc直3DOHC 12バルブ ライトプレッシャーターボ(60ps/6800rpm、8.6kgm/4400rpm)搭載のテリオスキッドに専用の内外装を与え、「乗用車感覚」(プレスリリース)を出したモデルだ。

専用カラードバンパー(フロント/リア)、専用フロントメッキグリルなどで外観を飾りつつ、リアハッチに設置されていたスペアタイヤを取り外し、SUV色を薄くした(替わりにパンク応急修理セットが備わる)。内装には、専用シート、黒ウッド調のセンタークラスター、センターアームレストなどを採用した。
さらにローダウンサスペンションを装着し、車高をテリオスキッド比で20mm下げた。トランスミッションは4ATのみ。価格は、2WD(FR)が124.8万円、4WDは136.0万円。

「テリオスキッド」「テリオス」に対する改良は、環境性能の向上が主。全車「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」に適合、国土交通省「良-低排出ガス車」の認定をうけた。さらに電動パワーステアリングの採用により、燃費の向上も図った。
価格は、テリオスキッドが109.3万円(2WD+5MT)から151.5万円(4WD+4AT)まで、テリオスは120.0万円(2WD+5MT)から173.0万円(4WD+4AT)まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「テリオスキッド」:
http://www.daihatsu.co.jp/terioskid/index.htm
同「テリオス」:
http://www.daihatsu.co.jp/terios/index.htm

 
ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場の画像


 
ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場の画像

上から「テリオスルキア」、「テリオスキッド」、「テリオス」
 

	上から「テリオスルキア」、「テリオスキッド」、「テリオス」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場NEW 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る