ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場

2002.01.18 自動車ニュース

ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場

ダイハツ工業は、軽自動車のSUV「テリオスキッド」の派生モデル「テリオスルキア」を、2002年1月9日に発売した。同時に、テリオスキッドと乗用車「テリオス」の一部改良を行った。

「テリオスルキア」は、659cc直3DOHC 12バルブ ライトプレッシャーターボ(60ps/6800rpm、8.6kgm/4400rpm)搭載のテリオスキッドに専用の内外装を与え、「乗用車感覚」(プレスリリース)を出したモデルだ。

専用カラードバンパー(フロント/リア)、専用フロントメッキグリルなどで外観を飾りつつ、リアハッチに設置されていたスペアタイヤを取り外し、SUV色を薄くした(替わりにパンク応急修理セットが備わる)。内装には、専用シート、黒ウッド調のセンタークラスター、センターアームレストなどを採用した。
さらにローダウンサスペンションを装着し、車高をテリオスキッド比で20mm下げた。トランスミッションは4ATのみ。価格は、2WD(FR)が124.8万円、4WDは136.0万円。

「テリオスキッド」「テリオス」に対する改良は、環境性能の向上が主。全車「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」に適合、国土交通省「良-低排出ガス車」の認定をうけた。さらに電動パワーステアリングの採用により、燃費の向上も図った。
価格は、テリオスキッドが109.3万円(2WD+5MT)から151.5万円(4WD+4AT)まで、テリオスは120.0万円(2WD+5MT)から173.0万円(4WD+4AT)まで。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「テリオスキッド」:
http://www.daihatsu.co.jp/terioskid/index.htm
同「テリオス」:
http://www.daihatsu.co.jp/terios/index.htm

 
ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場の画像


 
ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場の画像

上から「テリオスルキア」、「テリオスキッド」、「テリオス」
 

	上から「テリオスルキア」、「テリオスキッド」、「テリオス」
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • テリオスの軽バージョン、「キッド」登場 1998.10.7 自動車ニュース ダイハツ工業は10月6日、新規格に合わせた軽のSUV、「テリオス・キッド」を発表した。「テリオス・キッド」は、新型パジェロミニや、間もなく登場する新型ジムニーのライバルとして誕生したSUVである。そのボディサイズは全高x全幅x全高=3395x1475x1715〜1740?。新規格いっぱいの大きさだが、エンジンが縦置きであることや、ホイールベースが2420?と同社の1.3リットル版テリオスと同じことなどから、ミラやムーヴとは異なり、テリオス1.3をベースに開発されたようである。ライバルと比較すると唯一5ドアである点が大きな特徴だ。そのボディはダイハツの衝突安全システム「TAF」を採用することによって、国内、欧州衝突安全基準をクリアしているという。グレードはベーシックな「CL」と、ドレスアップされた「エアロダウン」の2つのみ。搭載されるエンジンは水冷直3DOHCターボで、加給圧の違いにより「エアロダウン」は64ps/10.9kgm、「CL」は60ps/8.6kgmのパワー/トルクを得ている。トランスミッションは5MTと4AT。全車フルタイム4WDである。安全装備としては、デュアル・エアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッターつきシートベルト、衝撃感知安全システム(ムーヴの項参照)を全車に標準装備、ABSをオプション設定している。価格は119.5〜149.0万円。目標販売台数は月2000台である。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


ホームへ戻る