ダイハツ、「アトレーワゴン」など一部改良

2002.01.21 自動車ニュース
 

ダイハツ、「アトレーワゴン」など一部改良

ダイハツ工業は、軽乗用車「アトレーワゴン」と、軽商用車「ハイゼット カーゴ」「ハイゼット トラック」の一部に改良を施し、2002年1月15日から販売を開始した。


写真上:アトレーワゴン ツーリングターボ
写真下:ハイゼット カーゴ デラックスターボ
 

「アトレーワゴン」では、エンジンを改良しトルクと出力をアップ。加えて環境性能を向上させた。さらに「ツーリングターボ」グレードの、内外装などを変更した。
0.66リッター直3DOHC DVVT(可変バルブタイミング機構)エンジンは最高出力が上がり、48psから53ps(MT車は50ps)へ。0.66リッター直3DOHCターボエンジンはトルクが太くなり、10.2kgmから10.5kgmとなった。また全車、平成12年基準排出ガス25%低減レベルの「良ー低排出ガス車」に認定された。加えて、4WDのターボ車に組み合わされるトランスミッションを、コンベンショナルな4ATからロックアップ機構付きの電子制御式4AT“ESAT”(Economy&Smooth Automatic Transmission)へ変更し、燃費を向上させたという。
「ツーリングターボ」グレードは、ボディ色に「ブラックマイカ」を新設定。内装は、メタル調センタークラスター、運転席センターアームレスト付きベンチシート(AT車)などを採用。機能面では、2DINサイズの、CD/MD・AM/FM付きステレオ(カロッツエリア製)&16cmスピーカーなどを装着した。加えてサスペンションを見なおし、乗り心地を向上させたという。

価格は、「CX」(2WD/5MT)の106.9万円から、「エアロダウンビレットターボ」(4WD/4AT)の158.8万円まで。「ツーリングターボ」は、2WDの5MT車が121.0万円、4AT車は129.0万円。4WDモデルは、5MT車が132.3万円、4AT車は140.8万円となる。


ハイゼット トラック エクストラ
 

商用車の「ハイゼット カーゴ」と「ハイゼット トラック」は、アトレーワゴン同様エンジンの出力が高まり、0.66リッター直3SOHCの出力が45psとなった。アトレーワゴンに搭載されるのと同じエンジンを積むモデルは、アトレーワゴンと同様の出力、トルクアップがはかられた。
ハイゼット カーゴは、全車にパワーステアリング、キーレスエントリーを標準装備。またターボエンジン搭載の「デラックスターボ」グレードを新設定するなどした。ハイゼット トラックは、エアコンを装着するなどの改良がはかられた。

価格は、ハイゼット カーゴが、82.8万円から114.7万円まで。ハイゼット トラックは、55.5万円から102.7万円まで。

詳しくは、ダイハツ工業(株)お客様相談室(電話:0070-800-874040)

(webCG 大澤)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る