日産「ローレル」「セフィーロ」特別仕様車

2002.01.22 自動車ニュース

日産「ローレル」「セフィーロ」特別仕様車

日産自動車は、「ローレル」「セフィーロ」に特別仕様車を設定、2002年1月8日に発売した。

■ローレル特別仕様車「メダリストセレンシアNAVIエディション」

2リッター直6エンジン(155ps、19.0kgm)搭載の「メダリストセレンシア」および2.5リッター直6(200ps、26.0kgm)モデル「25メダリストセレンシア」をベースに、CD-ROM方式のナビゲーションシステムやTVチューナー、木目・本革コンビステアリングホイール、木目調オーディオフィニッシャーなどを追加装備したモデルだ。
価格は、2リッターモデルが222.0万円、2.5リッターモデルは255.0万円。いずれもベースモデルの4.0万円高となる。

日産自動車「ローレル」:
http://www.nissan.co.jp/LAUREL/C35/0201/index.html

■セフィーロ特別仕様車「NAVIエディション」

ベースモデルは、2リッターV6(160ps、20.0kgm)「エクシモ」と2.5リッターV6(210ps、27.0kgm)「25エクシモ」、いずれも4AT仕様。こちらにはDVD方式のナビゲーションシステムとTVチューナー、木目・本革コンビステアリングホイール、本革巻きシフトノブを与えた。
ベースモデルのプラス10.0万円で、2リッター版は229.9万円、2.5リッター版は269.0万円。

日産自動車「セフィーロ」:
http://www.nissan.co.jp/CEFIRO/index.html

(webCG 有吉)

 
日産「ローレル」「セフィーロ」特別仕様車の画像

上から、「ローレルメダリストセレンシア」(ベースモデル)、「セフィーロNAVIエディション」
 

	上から、「ローレルメダリストセレンシア」(ベースモデル)、「セフィーロNAVIエディション」
	 

関連キーワード:
セフィーロ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • 日産プリメーラ 25X 【試乗記】 2002.9.27 試乗記 日産プリメーラ 25X ちょっと奇抜な衣を纏い、2001年1月にデビューした3世代目プリメーラに、小林彰太郎が試乗した。 会員コンテンツ「Contributions」より再録。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る