スズキの特別限定車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」

2002.01.24 自動車ニュース
 

スズキの特別限定車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」

2002年1月21日、スズキは「Kei」「ジムニー」そして「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」とタイアップしてつくられた特別仕様車、「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を発表した。Keiとジムニ―は同日から販売を開始、エスクードは2002年2月1日から販売を開始する。


写真上:「Kei FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」
写真下:「ジムニ― FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」
 

スズキは冠スポンサーとして、「FISフリースタイルワールドカップ 2001/2002」をサポートする。今回の特別仕様車は、この大会が持つ、自由で躍動的なイメージにあわせて、内外装に特別装備を盛りこんだモデルだ。

「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」の主な特別装備と価格は、以下の通り。

■エクステリア
・ 専用部品などの採用により、スポーティなイメージにした。
――Keiは専用フロントバンパー、車体色同色フェンダーアーチモール、リヤアンダーガーニッシュ、マフラーカッター
――ジムニーは専用フロントバンパーガーニッシュ、金属調塗装の専用フロントグリル、サイドアンダーガーニッシュ
――エスクードは専用フロントバンパーガーニッシュ、車体色同色フロントグリル・ シルバー塗装のルーフレール
・ 「FIS」ロゴ入りの専用デカールを貼付
・ 「FIS」ロゴ入り、専用スペアタイヤハウジング(Keiを除く)
・ アルミホイール
・クォーター、およびバックドアのガラスをスモーク化


「エスクード 5ドア 2.0 FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」
 

■インテリア・ 撥水加工を施した専用ファブリックシート表皮&ドアトリム表皮(Keiとジムニーは「FIS」ロゴマークの刺繍入り)
・ 本革巻ステアリングホイール&本革巻シフトノブ(エスクードはトランスファーノブも本革巻)
・KeiとジムニーはMD/CD付きカセットステレオ、エスクードはDSP機構付MD/CDステレオ
・シルバーのメーターとインストルメントパネルガーニッシュ(エスクードを除く)
・運転席シートヒーター(Keiは4WD車に標準装備。エスクードは助手席にも採用)

なお安全装備として、前席SRSエアバッグと、4輪ABSは標準装備される。

「Kei FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」(2WD/4WD)=117.1万円/128.8万円
「ジムニ― FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」(5MT/4AT)=144.5万円/154.3万円
「エスクード 5ドア 2.0 FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」=199.8万円

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る