【Movie】スバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」&B4「RS30」

2002.01.24 自動車ニュース
 
【Movie】スバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」&B4「RS30」

【Movie】スバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」&B4「RS30」

2002年1月23日、神奈川県は大磯にて、スバルレガシィ ツーリングワゴンと、セダンのB4に3リッター水平対向6気筒を搭載したニューモデル、「GT30」と、B4「RS30」のプレス向け試乗会が行われた。



 
【Movie】スバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」&B4「RS30」

2002年1月21日に発表された2台のウリは、いうまでもなく3リッターフラット6。同じ型式のエンジンが、レガシィツーリングワゴンのクロスカントリーモデル「ランカスター6」にも搭載されるが、低回転から高回転まで滑らかで伸びのある性格を持たせるため、スロットルチャンバー(シリンダーに入る混合気量を調節する部分)や、カムプロファイルなどに改良が加えられた。出力は220ps/6000rpm、29.5kgm/4400rpmでランカスター6と同じである。組み合わされるトランスミッションは4AT、駆動方式はもちろん4WDだ。

操縦安定性やステアリング応答性を向上のため、前後サスペンションの取り付け剛性が高められた。さらに、パワーステアリングシステムのステアリングギアボックスなどがリファインを受け、フィーリングの向上がはかられた。サスペンションは、レガシィの中で最もスポーティなターボモデルと同様、ビルシュタイン製のダンパーを装備するが、ターボモデルにくらべて減衰力を抑え、操縦性と乗り心地のバランスを両立したという。

価格は、ツーリングワゴン「GT30」が302.8万円、B4「RS30」は、275.8万円となる。

動画で紹介します。

(撮影=難波ケンジ/編集=カネヨシ)

動画中に登場するのは、スバル技術本部シャシー設計部の、石関清一主査です。

【新車ニュース】

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る