さよなら「サンヨン」GT-R

2002.01.26 自動車ニュース

さよなら「サンヨン」GT-R

2002年1月24日、日産自動車は8月初旬をもって「スカイラインGT-R」(R34型)の生産を中止すると発表した。2000年度排出ガス規制の生産猶予期限が同月に終了するためである。ジャパニーズカルトカーの雄も、法規制にはかなわない。




スカGに別れを惜しむファンのために、はたまたオーナーとしていつまでも一緒に暮らしたいヒトのために、日産は1000台の特別限定車を用意した。GT-Rが、ドメスティックモデルにもかかわらず、足腰を鍛えるために何度も持ち込まれたドイツのサーキット「ニュルブルクリンク」の名を取った「M・spec Nür」と「V・specII Nür」がそれ。
それぞれ「M・spec」「V・specII」をベースに、N1用エンジンにメカチューンを施した「RB26DETT」ユニットが搭載される。具体的には、レース用強化ブロックが用いられ、過給器のタービンがセラミックから丈夫なメタル製に変更され、ピストンやコンロッドのバランス取り(重量を揃える)が行われたこと、など。「エンジン高回転域における爽快な回転フィーリングにより磨きをかけた」(プレスリリース)という。2.6リッター直6DOHC24バルブターボ、280ps/6800rpmの最高出力と40.0kgm/4400rpmの最大トルクといったカタログスペックに変わりはないが、スペシャルエンジンとして、ヘッドカバーが金色に輝く。
そのほか、300km/hメーター、専用エンブレムが装着され、特別ボディカラー「ミレニアムジェイドメタリック」が用意される。

価格は、「M・spec Nür」がノーマルより35.0万円高の630.0万円、「V・specII Nür」が35.2万円高い610.0万円となる。
標準車からのノーマルバージョンも8月までは販売されるので、Nürを買いそびれても、まだチャンスはある!

なお、1月24日から販売終了までの期間中に成約したヒトすべてに、「歴代GT-Rオフィシャル写真集(限定版)」がプレゼントされる。

(webCGアオキ)

日産自動車「スカイラインGT-R Nür」:
http://www.nissan.co.jp/GT-R/R34/0201NUR/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。