スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売

2002.01.28 自動車ニュース

スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社STi(スバルテクニカインターナショナル)は、スバル「インプレッサ スポーツワゴン」に、富士重工業とポルシェデザイン社が共同開発した外装品を装着したモデル「TYPE EURO」を、2002年1月21日に発表した。販売開始は同年2月20日から。

「TYPE EURO」は、ポルシェデザイン社がインプレッサスポーツワゴン専用にデザインした、前後バンパーやグリルなどを装着したモデル。ボディ色は「プレミアシルバーメタリック」と、「ミッドナイトブラックマイカ」の2種類が用意される。グレードは搭載エンジン別に、1.5リッター、2リッター、そして2リッターターボの3車種で、ターボモデルのみ専用17インチアルミホイールを装備する。

詳しい装備内容は以下の通り

■ポルシェデザイン社と富士重工業の共同開発部品
・グリル一体式フロントバンパー
・リアバンパー
・ルーフスポイラ―
・17インチアルミホイール(TYPE EURO TURBO)

■TYPE EURO専用装備
・スポーティーシート
・リアエンブレム

その他、HIDロービームランプ、濃色リアガラス、アルミ製フロントフード、4輪ABSが装備される。

価格は以下の通り

TYPE EURO 15(4AT):202.8万円
TYPE EURO 20(5MT):223.3万円
TYPE EURO 20(4AT):235.6万円
TYPE EURO TURBO 20(5MT):266.3万円
TYPE EURO TURBO 20(4AT):281.6万円

(webCG 大澤)

 
スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る