スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売

2002.01.28 自動車ニュース

スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社STi(スバルテクニカインターナショナル)は、スバル「インプレッサ スポーツワゴン」に、富士重工業とポルシェデザイン社が共同開発した外装品を装着したモデル「TYPE EURO」を、2002年1月21日に発表した。販売開始は同年2月20日から。

「TYPE EURO」は、ポルシェデザイン社がインプレッサスポーツワゴン専用にデザインした、前後バンパーやグリルなどを装着したモデル。ボディ色は「プレミアシルバーメタリック」と、「ミッドナイトブラックマイカ」の2種類が用意される。グレードは搭載エンジン別に、1.5リッター、2リッター、そして2リッターターボの3車種で、ターボモデルのみ専用17インチアルミホイールを装備する。

詳しい装備内容は以下の通り

■ポルシェデザイン社と富士重工業の共同開発部品
・グリル一体式フロントバンパー
・リアバンパー
・ルーフスポイラ―
・17インチアルミホイール(TYPE EURO TURBO)

■TYPE EURO専用装備
・スポーティーシート
・リアエンブレム

その他、HIDロービームランプ、濃色リアガラス、アルミ製フロントフード、4輪ABSが装備される。

価格は以下の通り

TYPE EURO 15(4AT):202.8万円
TYPE EURO 20(5MT):223.3万円
TYPE EURO 20(4AT):235.6万円
TYPE EURO TURBO 20(5MT):266.3万円
TYPE EURO TURBO 20(4AT):281.6万円

(webCG 大澤)

 
スバル インプレッサスポーツワゴン「TYPE EURO」を発売の画像

関連キーワード:
インプレッサスポーツワゴンスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る