キャディラック、2002年モデルを発表

2002.01.28 自動車ニュース

キャディラック、2002年モデルを発表

ヤナセは、「キャディラック」2002年モデルの価格を、2002年1月23日に発表、2月1日から販売を開始する。目玉は、今夏発売予定の新型セダン「CTS」だ。

「セビル」の2002年モデルは、前年モデルまで2グレードだったが、高級志向の「SLS」がラインナップからはずれ、スポーティな「STS」のみとなった。ドゥビルは前年同様「DHS」のモノグレードとなる。

両車共通の変更点は、オプションのナビゲーションシステムがCDからDVDに、モニターサイズは5インチから6.5インチになった。販売店オプションとしてハンズフリーフォン機能が追加設定されたのも新しい。

さらに、セビルSTSのホイールを16インチから17インチのクロームメッキに、タイヤサイズを235/60R16から235/55R17に変更。ドゥビルDHSには、前席にデュアルステージエアバッグを装備、前席左右のパワーウィンドウに、ピンチガード(挟み込み防止)機能が備わった。

価格は以下のとおり(カッコ内は前年モデルとの差額)。

・セビルSTS 4ドア/4段AT/左右ハンドル 686.0万円(+16.0万円)
・ドゥビルDHS 4ドア/4段AT/左ハンドル 716.0万円(+6.0万円)

2001年9月のフランクフルトショーで正式デビューを飾り、翌月の東京モーターショーにも出展されたキャディラック新型FRセダン「CTS」(写真)。まったく新しいアーキテクチュアを採用、ドイツはニュルブルクリンクのコースで3年間、約150万kmにわたって鍛えたという、スポーティなテイストをウリとするニューモデルだ。エンジンは3.2リッターと2.6リッターのV6、トランスミッションは5段ATと5段MTを用意する。
日本での発売は2002年夏頃に予定される。価格やラインナップは未定だ。

(webCG 有吉)

 
キャディラック、2002年モデルを発表の画像

関連キーワード:
セビルドゥビルキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記