「ランエボ」にAT仕様車が登場!

2002.01.31 自動車ニュース

「ランエボ」にAT仕様車が登場!

三菱自動車は、高性能スポーツセダン「ランサーエボリュ―ションVII」に、5段オートマチックトランスミッションを搭載した「GT-A」を設定し、2002年2月1日から販売を開始する。

「ランサーエボリュ―ションVII GT-A」は、いわずと知れたハイパワー4ドアセダン「ランエボ」のAT仕様。トランスミッションは、「ギャランVR-4」に搭載された「INVECS-II スポーツモード5AT」。スポーツモードでは、レバーの前後操作でギアチェンジができる。加えてステアリングホイールに配されるシフトスイッチでも、ギアチェンジが可能になった。

エンジンは、もちろん2リッター直4DOHC16バルブインタークーラーターボ。AT特性にあわせてチューニングがなされた。最大出力よりも低中速域でのレスポンスを重視して、272ps/6500rpmのピークパワーと、35.0kgm/3000rpmの最大トルクを発生する。オリジナルのランエボVIIより8ps、4kgmのデチューンとなるが、依然として強大なトルクとパワーであることにかわりはない。ランエボに搭載される運動性能を向上させる電子制御技術、「ACD+AYC+スポーツABS」は、GT-A専用チューンを受けて搭載される。

サスペンションは、前マクファーソンストラット、後マルチリンクで、オリジナルと形式は同じ。GT-Aでは扱いやすさを向上させ、さらに乗り心地の改善をはかるチューニングが施されたという。ブレーキはベースモデルと同じ、前17インチ4ポッド、後16インチ2ポッドのブレンボ製。タイヤは225/45ZR17インチを採用した。

エクステリアは、ランエボの特徴だったボンネットフード上のエアアウトレットや、フロントバンパー中央上部のインレットなどを廃し、すっきりした顔つきになった。リアスポイラ―は、LEDハイマウントストップランプ内蔵の、小型スポイラ―を採用。「GSR同様の迎角調整式大型スポイラ―やスポイラ―レス仕様もお客様の好みに応じて選択できるように、メーカーオプションで設定しました。」(プレスリリース)とのことだ。加えて、ヘッドランプとフォグランプに、ディスチャージランプを採用した。

インテリアはブルーが基調。本革巻きステアリングホイール、シフトノブ、ブレーキレバーグリップなどのステッチ色もブルーとし、インパネやシート生地とのコーディネートがはかられた。メーターは、専用の3連ホワイトスポーツメーターを採用。メーターの外周や、シフトレバーリング、ドアハンドルなどにメッキをあしらい、上質感を演出したという。ランエボのシートはレカロだったが、GT-Aの標準は大型スポーツシート。オプションでレカロのセミバケットシート、または本革シートが選択できる。

価格は330.0万円、月販目標2000台を目指す。

(webCG 大澤)

 
「ランエボ」にAT仕様車が登場!の画像

関連キーワード:
ランサーエボリューション三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スー... 2017.11.20 試乗記