【Movie】日産・スカイライン350GT-8(CVT)その1

2002.02.01 自動車ニュース
 
【Movie】日産・スカイライン350GT-8(CVT)その1

【Movie】日産・スカイライン350GT-8(CVT)その1

日産スカイラインに、3.5リッターV6と8段CVTを組み合わせた「350GT-8」が追加設定された。



 
【Movie】日産・スカイライン350GT-8(CVT)その1

スカイラインのフラッグシップグレードとなる「350GT-8」の大きな特徴は、3.5リッターV6DOHC「NEO VQ35DE」エンジンと、8段のマニュアルモードが備わる「エクストロイドCVT」だ。
エンジンは、3.5リッターV6DOHC(272ps/6000rpm、36.0kgm/4800rpm)。これは2001年10月に開催された、第35回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトモデル、「フェアレディZ」に搭載されたエンジンと同じ。組み合わされるトランスミッションは、日産が誇る無段変速機「エクストロイドCVT」。国内初という8段変速マニュアルモードを備え、ステアリングホイール裏のパドルを使えば、ハンドルから手を離すことなくギアチェンジが可能だ。
サスペンションは、専用チューンを受けた「ユーロチューンドサスペンション」を装備、乗り心地を犠牲にせず、接地性とグリップ向上をはかったという。



 
【Movie】日産・スカイライン350GT-8(CVT)その1

動画でおおくりします。動画に登場するのは、日産自動車商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの宮内照雄さんと、第一車両開発部車両開発主管の水野和敏さんです。

【新車ニュース】日産・スカイライン350GT-8(CVT)

【350GT-8(宮内氏、前編)】

【350GT-8(宮内氏、後編)】

【CVTのメリット(水野氏、前編)】

【CVTのメリット(水野氏、後編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スカイライン」の誕生60周年を祝うイベント開催NEW 2017.4.20 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月20日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナにおいて、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別イベント「SKYLINE TIMELINE(スカイライン タイムライン)」の記者発表会を開催した。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入NEW 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展NEW 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る