日産「スカイライン」に3.5リッターV6が加わる

2002.02.01 自動車ニュース
 

日産「スカイライン」に3.5リッターV6が加わる

日産自動車は、「スカイライン」に、3.5リッターV6エンジンと、日産独自のCVT(無段変速機)「エクストロイドCVT」を組み合わせた最上級グレード「350GT-8」を追加設定、2002年2月19日から販売する。加えて、2.5リッターエンジン搭載のお買い得モデル「250GTm」を追加し、2002年1月31日に発売した。



 

■国内初、8段変速

「スカイライン350GT-8」最大の特徴は、3.5リッターV6「NEO VQ35DE型」エンジン(272ps/6000rpm、36.0kgm/4800rpm)もさることながら、これに「セドリック」「グロリア」には設定済みの無段変速機「エクストロイドCVT」を組み合わせた点だ。
このCVTには、日産が国内初を謳う「8段変速マニュアルモード」を採用。ステアリングホイール裏に付いた「パドルシフト」でマニュアル操作ができる、というのがウリだ。「ハイパワーによる力強い加速と、常に最適なギア比を無段階に自動選択する」(プレスリリース)。
駆動方式はFRのみだ。
なお、3.5リッターV6ユニットは、2001年10月の「第35回東京モーターショー」に参考出品されたコンセプトモデル、「フェアレディZ」と同じエンジンである。

サスペンションは、スプリング、ショックアブソーバー、スタビライザーなどをチューニングした、新開発「ユーロチューンドサスペンション」。乗り心地とグリップ力の向上が図られた。ユーロチューンドサスペンションは、FR全車にオプション設定される。

外観には、専用のフロントグリル、ヘッドランプインナーパネルを付与。レイズ社製17インチアルミホイールで足もとをキメる。インテリアには、エクセーヌ・合皮シートを標準装備。ドアアームレストやシフトノブなどにチタンカラーを採用し、スポーティさを演出したという。
環境性能は、「平成12年度基準排出ガス75%低減レベル」を達成、「超ー低排出ガス車」に認定された。

価格は366.0万円となる。

いっぽう、2.5リッター搭載の最廉価モデル「250GTm」は、スウェード調クロスシートのインテリアと、CD一体AM/FM電子チューナーラジオを標準装備。従来までのエントリーモデル「250GTe」より、価格を15.0万円低い250.0万円に設定し、お買い得感を出したモデルだ。

詳しくは「日産自動車(株)お客様相談室」(電話:0120-315-232)まで。

(webCG 大澤)

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
ホームへ戻る