【Movie】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)

2002.02.02 自動車ニュース

【Movie】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)

ウサギマークをつけた、スズキの新型軽自動車「アルト ラパン」。丸みを帯びた四角いボディや、家具や雑貨をイメージしたというインテリアが、「なごみ系」の雰囲気をかもし出す。2002年1月28日、千葉県は幕張で開催された試乗会で、自動車ジャーナリスト河村康彦が試乗。動画でインプレッションする。

【新車ニュース】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)

自動車ジャーナリスト河村康彦による、スズキの新型軽「アルト ラパン」のインプレッションを、動画でおおくりします。

(撮影=難波ケンジ)

「アルト ラパン」の大きな特徴は、エクステリアとインテリアだ。
切り立ったAピラー、面で構成されるボディと、全体的に「四角い」カタチだが、角が丸められたおかげで、柔らかな雰囲気をかもし出す。フロントグリルに光る、メッキ仕上げのウサギマークがカワイイ。リアウィンドウの下からバンパーにかけてボディが膨らみ、ちょっとお尻が大きいスタイルも愛嬌がある。

インテリアも四角を基調とする。長方形のインストルメントパネルに、丸を強調したステアリングホイールやスピードメーター、アナログ時計にエアコン吹き出し口を配置。助手席には、MDがピッタリ収まるサイズの、アクセサリーボックスが備わる。

 

「MRワゴン」とプラットフォームを同じくするラパンは、セミトールのMRワゴンに較べて全高が85mm低くなった。しかし着座位置が100mmほど下げられたため、運転席に座っても、頭上に余裕がある。後席は前席よりも高い位置に設置され、前席に座るひとの肩越しから前が見えて開放的だ。

エンジンは、可変バルブタイミング機構を備える0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)の1種類のみ。特にキビキビ走るわけではないけれど、街乗りならパワーに不足は感じない。

(webCG オオサワ)

 
【Movie】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)の画像


 
【Movie】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)の画像


 
【Movie】スズキ・アルト ラパンX(2WD/4AT)(試乗編)の画像

リアシートはリクライニングできる
 

	リアシートはリクライニングできる
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る