スバル「プレオ」に2台の特別仕様車

2002.02.05 自動車ニュース
 

スバル「プレオ」に2台の特別仕様車

富士重工業は、軽乗用車「プレオ」に、特別仕様車「Fスペシャル」と「LプラスパッケージII」を設定し、2002年1月30日から販売を開始した。


写真上:プレオFスペシャル
写真下:プレオLプラスパッケージII
 

「プレオFスペシャル」は、2001年11月28日に追加設定された「FII」グレードがベース。車高を25mm下げて全高を1550mmとし、立体駐車場の利用ができるようにしたFIIに、パワーウィンドウ、集中ドアロック、キーレスエントリー、電動リモコンドアミラーなどを付与しつつ、価格をベース車から2.0〜3.0万円引き下げ、お買い得感を出した。
価格は、2WDの5MT車が83.0万円、CVT車は89.5万円。4WDの5MT車が93.0万円、CVT車は99.5万円となる。

いっぽう「プレオLプラスパッケージII」は、量販グレード「L」をベースに、ルーフ形状やサスペンションを変更し、車高を25mm下げたモデル。これによって全高は1550mmとなり、ほとんどの立体駐車場に対応したというのがウリだ。加えて、外観にカラードドアハンドル&ドアミラー、リア濃色ガラスを採用。内装には、運転席バニティーミラー、シートリフター、CDプレーヤー付きAM/FMチューナ(2スピーカー)を標準装備しつつ、価格をベース車の1.5万円高に抑え、やはりお買い得感を出した。
価格は、2WDの5MT車が93.0万円、CVT車は99.5万円。4WDの5MT車が103.4万円、CVT車は109.9万円となる。

(webCG 大澤)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。


  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る