【Movie】アルファロメオ・147 2.0ツインスパーク セレスピード 5ドア(5MT ATモード付き)

2002.02.06 自動車ニュース
 
【Movie】アルファロメオ・147 2.0ツインスパーク セレスピード 5ドア(5MT ATモード付き)

【Movie】アルファロメオ・147 2.0ツインスパーク セレスピード 5ドア(5MT ATモード付き)

2000年のトリノショーでデビューした「145」の跡を継ぐアルファロメオのボトムレンジ、3/5ドアハッチバックモデル「147」が、2001年10月13日から日本市場へ導入された。



 
【Movie】アルファロメオ・147 2.0ツインスパーク セレスピード 5ドア(5MT ATモード付き)

「プレスティッジ・スポーティ・コンパクト」を標榜する147は、4ドアサルーン「156」をベースとし、「6C2500ヴィラデステ」(1949年)のイメージを引用したフロントフェイスをもつ。本国では、2種類の1.6リッター(105psと120ps)、2リッター直4ツインスパーク(150ps)、1.9リッターディーゼルターボ(110ps)がラインナップされる。当初日本へは、「2リッター+5段MT“セレスピード”」の組み合わせのみが、3/5ドアとも輸入されたが、2002年1月から、3ドアモデルのみ5MT仕様の販売も開始された。

150psと18.5kgmを発生する2リッターツインスパークは、可変吸気システムをもち、ドライブバイワイヤこと電子制御スロットルを採用した。組み合わされるギアボックス「セレスピード」は、クラッチ操作を自動的に行う2ペダルの5段マニュアル。ステアリングホイール裏のパドルやギアレバーを前後に動かすことでギアチェンジできるほか、「CITY」と呼ばれるオートマチックモードが備わる。電子デバイスを積極的に取り入れたのが147の特徴で、アクティブセイフティとしてABSはもちろん、制動力の前後配分をコントロールする「EBD」、アンチスピンデバイス「VDC」ほか、「ASR(アンチスリップレギュレーション)」「MSR(エンジンブレーキトルクコントロール)」、受動安全装備としてフロント&サイドエアバッグ、ウィンドウエアバッグなどを装備する。

価格は、3ドアのセレスピードが285.0万円、5ドアのセレスピードは295.0万円。3ドアの5MTモデルは、275.0万円となる。

動画でおおくりします。

(撮影=難波ケンジ)

【新車ニュース】アルファロメオ・147 2.0ツインスパーク セレスピード 5ドア(5MT ATモード付き)

「アルファロメオ147」関連リンク

自動車ジャーナリスト、河村康彦氏による短評はこちら
『Car Graphic』編修委員、高平高輝による短評はこちら
webCG青木禎之によるブリーフテストはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】 2016.2.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
ホームへ戻る