フォード「フォーカス」をマイナーチェンジ

2002.02.07 自動車ニュース
 

フォード「フォーカス」をマイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、「フォーカスGHIA」と「フォーカスワゴンGHIA」にマイナーチェンジを施し、2002年2月5日から販売を開始した。


写真上:フォーカス
写真下:フォーカスワゴン
 

今回のマイナーチェンジの特徴は、デザインの変更と装備の充実。特にフロントフェイスは、新デザインバンパーの採用やヘッドライトの意匠を変更し、「さらに洗練されたエクステリアデザイン」(プレスリリース)とした。装備面では、全モデルにリアワイパーを装着。2リッターモデルにオートエアコンなどが標準装備されるなど、利便性の向上が図られた。

マイナーチェンジの詳しい内容は、以下の通り。

■エクステリア
・フロントバンパーのデザイン変更、加えてプロテクターを追加
・フォグランプのデザイン変更
・フロントグリルのデザイン変更
・ヘッドランプを4灯式に変更。加えてウインカーを内蔵化
・カラードドアハンドル&サイドプロテクターの採用
・リアバンパープロテクターを追加。加えてリアバンパー下部のボディ同色化

■インテリア
・フロントワイパー作動時に、ATをリバースに入れると自動的に作動する、オートリアワイパーを採用
・キーレスエントリーで、ウィンドウを閉める機構に加えて開ける機能も備えた、グローバルオープニング機構の採用
・フロント足元照明と、照明付きバニティーミラーの採用
・センターコンソールの後部に、電源ソケットを追加
・シート生地を、ファブリックからモケットへ変更
・センターコンソールトレイの形状を変更
以下、2リッターモデルのみ
・オートエアコンを標準装備
・外気温や平均速度を表示するオンボードコンピューター、マルチファンクションディスプレイを標準装備

などとなる。

価格は今までよりやや高く設定され、1.6リッターモデルがプラス13.0万円、2リッターモデルはプラス9.0万円となった。フォーカス「1600GHIA」が210.0万円、「2000GHIA」は229.0万円。フォーカスワゴンの「1600GHIA」が230.0万円、「2000GHIA」は249.0万円となる。

(webCG 大澤)

webCG青木禎之による「フォーカス2000GHIA」の短評はこちら
自動車ジャーナリスト金子浩久による「フォーカスワゴン2000GHIA」のブリーフテストはこちら
『Car Graphic』編修委員、高平高輝による「フォーカス2000GHIA」のブリーフテストはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る