日産「プリメーラセダン」にエントリーグレード

2002.02.12 自動車ニュース

日産「プリメーラセダン」にエントリーグレード

日産自動車は「プリメーラ」のセダンに新グレード「18C」を追加設定し、2002年2月6日から販売を開始した。

今回追加された「プリメーラセダン18C」は、1.8リッター直4DOHC「QG18DE型」エンジンを搭載した、同車のエントリーモデルだ。これにより、2リッター(「QR20DE」と「SR20VE」)、2.5リッターと合わせ、4種類のエンジンラインナップとなった。

「QG18DE型」ユニットは、最高出力125ps/5600rpm、最大トルク16.8kgm/4400rpmを発生。国土交通省の低排出ガス車認定制度で「超-低排出ガス車」の認定を受け、2010年の燃費基準にも適合。自動車取得税が1.5万円軽減されるグリーン税制の優遇措置を受けることができる。

トランスミッションはフルレンジ電子制御4段ATで、駆動方式はFFのみの設定。価格は、184.8万円。

(NAVI谷山)

日産自動車「プリメーラ」:
http://www.nissan.co.jp/PRIMERA/P12/0106/index.html

 
日産「プリメーラセダン」にエントリーグレードの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る