日産「プリメーラセダン」にエントリーグレード

2002.02.12 自動車ニュース

日産「プリメーラセダン」にエントリーグレード

日産自動車は「プリメーラ」のセダンに新グレード「18C」を追加設定し、2002年2月6日から販売を開始した。

今回追加された「プリメーラセダン18C」は、1.8リッター直4DOHC「QG18DE型」エンジンを搭載した、同車のエントリーモデルだ。これにより、2リッター(「QR20DE」と「SR20VE」)、2.5リッターと合わせ、4種類のエンジンラインナップとなった。

「QG18DE型」ユニットは、最高出力125ps/5600rpm、最大トルク16.8kgm/4400rpmを発生。国土交通省の低排出ガス車認定制度で「超-低排出ガス車」の認定を受け、2010年の燃費基準にも適合。自動車取得税が1.5万円軽減されるグリーン税制の優遇措置を受けることができる。

トランスミッションはフルレンジ電子制御4段ATで、駆動方式はFFのみの設定。価格は、184.8万円。

(NAVI谷山)

日産自動車「プリメーラ」:
http://www.nissan.co.jp/PRIMERA/P12/0106/index.html

 
日産「プリメーラセダン」にエントリーグレードの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 日産プリメーラ25X(CVT)【試乗記】 2001.2.3 試乗記 日産プリメーラ25X(CVT)

    日産の復調を軌道に乗せるか、2001年1月30日にデビューした新型プリメーラ。デザインを前面に押し出し、「ITドライビング、はじまる。」俊足セダンに、自動車ライター下野康史が乗った。鹿児島からiBookを使って送られたファーストインプレッション!!


  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




ホームへ戻る