アウディ「A4アバント」発売

2002.02.13 自動車ニュース

アウディ「A4アバント」発売

アウディジャパンはフルモデルチェンジを果たした、「A4」のワゴンモデル「アバント」の販売を、2002年2月18日から開始する。

セダン「A4」の販売開始から約9ヶ月を経て導入される新型「A4アバント」。セダンのプラットフォームをベースに、やはりセダン同様新開発5バルブDOHCユニットの2リッター直4(130ps/5700rpm、19.9kgm/3300rpm)と3リッターV6(220ps/6300rpm、30.6kgm/3200rpm)、先代A4に積まれていた1.8リッター直4ターボのリファインしたユニット(170ps/5900rpm、22.9kgm/1950-5000rpm)を搭載。2リッターモデルは新開発CVT(無段変速機)「マルチトロニック」を介し前輪を駆動、1.8リッターターボと3リッターモデルは、「ティプトロニック」の付いた電子制御5段ATが組み合わされ、「クワトロ」こと四輪駆動システムが採られる。すべて右ハンドル仕様。セダンにある2.4リッターV6モデルは、当面、ワゴンには設定されない。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4555×1765×1455(FFモデル)mm、ホイールベースは2645mm。先代と較べ、全長で60mm、全幅で30mm拡大、全高は20mm高くなった。
サスペンションは、フロントに4リンク式、リアには変形ダブルウィッシュボーンともいえる「トラペゾイダル」を採用。スポーティグレードたる1.8リッターターボ、3リッター上級グレードには、車高を20mm低くした「スポーツサスペンション」が装着される。

荷室容量は、先代より52リッター増しの442リッター(VDA方式)。後席を畳めば、さらに広い空間を作ることができる。テールゲートは、開口の高さを2段階調節できる。

安全装備は、トラクションコントロール「ASR」、アンチロックブレーキシステム「ABS」、前後のブレーキ圧をコントロールする「EBD」、そして電子的なリミテッドスリップデフ「EDS」を統合し、各輪のブレーキを個別に制御してクルマの横滑りを防ぐ「ESP」と緊急ブレーキの際の踏力を補助する「ブレーキアシスト」を全車に標準装備する。

グレードは5種類。エントリーモデル「A4アバント2.0」が379.0万円、前席電動シートや本革シートが奢られる上級「2.0SE」は416.0万円、スポーティモデル「1.8Tクワトロ」は445.0万円。3リッターモデルは、「3.0クワトロ」が537.0万円、そのスポーティ版「3.0クワトロスポーツ」は552.0万円となる。

(webCG 有吉)

 
アウディ「A4アバント」発売の画像

関連キーワード:
A4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
ホームへ戻る