スズキ「ワゴンR」などに福祉車両

2002.02.14 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」などに福祉車両

スズキは、足腰の不自由な方向けの福祉車両「助手席回転シート車」を、軽乗用車「ワゴンR」「MRワゴン」と乗用車「エリオ」に設定し、2002年2月12日に発売した。

「助手席回転シート車」とは、足腰の不自由な方が乗降しやすいよう、助手席に90度回転する機能を追加した車両だ。加えて、折畳式のフットレストやアシストグリップを装着、安全な乗り降りを手助けする。

さらに、車いすを荷室に手軽に積載できる「車椅子収納装置」(電動クレーン)を11.0万円でオプション設定する。なおこの「車椅子収納装置」を装着した場合、消費税が非課税となる。

価格は以下のとおり。

●ワゴンR(写真)
2WD 105.3万円
4WD 116.5万円
●MRワゴン
2WD 124.0万円
4WD 135.2万円
●エリオ
2WD 151.8万円
4WD 169.8万円

(webCG 有吉)

 
スズキ「ワゴンR」などに福祉車両の画像

関連キーワード:
ワゴンRエリオMRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る