マツダの新型軽「スピアーノ」発売

2002.02.18 自動車ニュース

マツダの新型軽「スピアーノ」発売

マツダは、新型の軽自動車「スピアーノ」を、2002年2月15日に発売した。

マツダの販売チャネル「オートザム」にとって6車種目の軽となる「スピアーノ」は、2002年1月30日にデビューしたスズキ「アルトラパン」のOEMモデルだ。
丸みのある箱型デザイン、部屋のようにくつろげる車内空間、立体駐車場に入る車高などがウリ。「若々しい、センスのよい女性をメインターゲット」(プレスリリース)に、月間目標販売台数650台を目指す。ちなみに車名は、イタリア語の「広々したところ」を意味するという。

パワーユニットは、オールアルミ製の658ccNAエンジンのみで、コラムシフトの4段ATとの組み合わせ。2WDか4WDを選ぶことができる。

価格は、95.0万円から119.0万円まで。

(webCG 有吉)

 
マツダの新型軽「スピアーノ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • マツダ、「ラピュタ」「AZワゴン」に新卒者向け特装車を設定 2000.2.8 自動車ニュース マツダは、軽自動車「ラピュタ」「AZ‐ワゴン」に新卒者を中心とした若者向けの特別仕様車「ポッパー」を設定、2月1日より発売した。「ラピュタX ポッパー」(写真上)は、実用装備が充実している最量販機種「X」をベースに、専用のアルミホイール、ルーフエンドスポイラー、マフラーカッターを装着してスポーティな外観としたもの。さらに、人気の高いAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオや本革巻ステアリングホイール、専用メーターパネルなどを装備。より質感の高い内装としている。価格はベース車から6.0万円高(2WD車)で112.3万円からとなる。「AZ‐ワゴンRR-FSターボ ポッパー」(写真下)は、スポーティな外観の「RR-F ターボ」 (コラム式4AT車)をベースに、若者に人気のAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオを装備。加えて、新デザインのアルミホイールやシート生地など専用装備を追加して、よりスタイリッシュな内外装としたという。価格は、ベース車よりも6.8万円(2WD車)引き下げて127.2万円から。お買い得感あるモデルとしている。 軽自動車の新車販売が依然として好調です。4日に発表されたデータによると、今年1月の新車販売台数は前年同月比1.8パーセント増で12万5358台。2ヶ月連続で前年実績を上回り、1月としては過去最高を記録しているそうです。価格の面(たとえばトヨタ「ヴィッツ」の廉価グレードで115.3万円)でもサイズの面でも、軽と普通車に大差はなくなりましたが、税制面、保険料など維持費を考えると、軽自動車はとても経済性に富んだ乗り物になります。不況下で売れている理由はここにあるのでしょう。(WebCG 有吉)
  • 「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ 2006.4.18 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スピアーノ」をマイナーチェンジして、2006年4月18日に発売した。
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る