スバル「サンバーシリーズ」、一部を低排出ガス化

2002.02.19 自動車ニュース

スバル「サンバーシリーズ」、一部を低排出ガス化

富士重工業は、スバルのキャブオーバー型軽自動車「サンバーシリーズ」の一部を改良。あわせて福祉車両も改良し、2002年2月7日に発売した。

改良の眼目は、環境対策。サンバー「トラック」(写真)「バン」「ディアス」のNAエンジン搭載車の排出ガスを低減させ、平成12年基準排出ガス50%低減レベル「優-低排出ガス(E-LEV)」の認定と、平成14年排出ガス規制の適合を受けた。これにより、低燃費・低公害車の普及促進適合車となり、購入時に自動車取得税の軽減措置が受けられるようになった。

価格は従来型から据え置かれた。

●トラック:61.8万円から106.0万円
●パネルバン:85.7万円から96.7万円
●バン:74.7万円から117.8万円
●ディアス:102.1万円から149.6万円
●ディアスクラシック:108.6万円から154.9万円

一方、「バン」「ディアス」「ディアスワゴンクラシック」ベースの福祉車両「トランスケア電動リフター」にも手が加えられた。車いすに座ったまま車両への乗降を可能とするリモコン操作の電動リフトを全面改良。リフト機構を全自動化するとともに、リフト昇降時のアングル角を変更、さらにアームレストを装備するなどした。

価格は、バン(2WD)が163.5万円、ディアス(4WD)は184.9万円、ディアスワゴンクラシックは175.1万円(2WD)と189.1万円(4WD)。

(webCG 有吉)

富士重工業「スバル・サンバー」:
http://www.subaru.co.jp/sambar/

 
スバル「サンバーシリーズ」、一部を低排出ガス化の画像

関連キーワード:
サンバー トラックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「サンバーバン」と「ディアスワゴン」を一部改良 2017.11.14 自動車ニュース スバルは2017年11月13日、軽キャブバンの「サンバーバン」および「ディアスワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。両車はスバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売するモデルであり、今回の改良では安全装備の強化などが行われた。
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • 「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ 2017.10.19 自動車ニュース 本田技研工業は2017年10月19日、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表した。同年11月10日に販売を開始する。
  • 「スズキ・スイフト」の特別仕様車「XGリミテッド」発売 2017.11.13 自動車ニュース
  • ダイハツ、軽キャブバンの「ハイゼット」「アトレー」をマイナーチェンジ 2017.11.13 自動車ニュース