【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2002.02.20 自動車ニュース
 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2001年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーでデビューした4シーター・2ドアオープンモデル「アストラ・カブリオ」。2002年3月9日から、いよいよわが国で発売される。



 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

「アストラ・カブリオ」は、既にランナップされる4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、2ドアクーペに次ぐ、アストラシリーズのオープンモデルだ。
アストラ・クーペをベースに、やはりクーペ同様、独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が共同開発。日本市場では、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、147ps、20.7kgmを発生する2.2リッター直4「エコテック」エンジンと4段ATを搭載した、右ハンドル車が販売される。



 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4270×1710×1400mm、ホイールベースは2615mm。クーペと較べ、高さが5mmだけ低くなる。
全自動で開閉するソフトトップは、キーに備わるスイッチでリモート操作が可能。リアには熱線入りガラスが装着される。開閉にかかる時間は、約30秒だ。
広いトランクルームはウリのひとつ。オープンボディながら、容量330リッターを確保。後席中央をトランクスルーにすることで、長尺物も収納できるという。



 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

安全装備は、デュアルエアバッグ、サイドエアバッグなどはもちろん、追突時のむち打ち症のリスクを軽減する「アクティブヘッドレスト」(前席)、前面衝突時にドライバーの足や下肢を守る「フットプロテクションシステム」などを備える。

価格は、339.0万円。

(写真=郡大二郎/文=webCG 有吉)



 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

動画でおおくりします。(撮影=カネヨシ)

日本ゼネラルモーターズ オペルブランドチーム プロダクトマネージャーの佐伯稔さんに「アストラカブリオ」の特徴についてうかがい、、リモコン操作によるソフトトップの開閉を実演してもらいました。

【前編】



 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

【後編】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.2.27 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    2002年2月25日、千葉県は木更津にてオペルの4シーターオープン「アストラ カブリオ」の試乗会が開かれた。今回はいつもの短評とはちょっと毛色を変えて、頼りになる姉さん、自動車雑誌『NAVI』の竹井あきら編集部員と、webCG大澤俊博の対談形式でオペルのニューモデルをチェックします。


  • 「GLM G4」発表会の会場から 2017.4.18 画像・写真 京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電気自動車「GLM G4」を日本初公開! 想定価格は4000万円という電動スーパーカーの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」披露会の会場から 2017.4.15 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、都内で「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」を披露した。会場の様子を画像で紹介する。6.5リッターV12エンジンは従来より40ps強力な740psを生み出す。車両価格は4490万4433円。
ホームへ戻る