VW「ニュービートルターボ」発売

2002.02.21 自動車ニュース

VW「ニュービートルターボ」発売

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ニュービートル」に新グレード「ターボ」を追加設定し、2002年2月26日から販売を開始する。

「ニュービートルターボ」は、「ゴルフGTI」に搭載される1.8リッター直4DOHC20バルブターボ・インタークーラー付きエンジン(150ps/5800rpm、22.4kgm/2000-4200rpm)を搭載したスポーティモデルだ。
ノーマルの2リッター直4ユニットより34psパワーアップしたのをふまえ、ストッピングパワーも増強、大型フロントブレーキを採用した。
さらに専用サスペンションで足を硬め、16インチアルミホイール「Sandiego」や、速度感応式の電動リフトアップ機能のついたリアスポイラーを装着。インテリアにはレザースポーツシートを配し、「走り」への期待感をあおる。
また各輪のブレーキを個別に制御して車両の横滑りを防ぐ「ESP(電子制御式車両安定装置)」を搭載、安全性にも配慮した。

トランスミッションは4段AT、右ハンドル仕様となる。価格は、ベーシックモデルの54.0万円高、293.0万円。

(webCG 有吉)

 
VW「ニュービートルターボ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る