フォード「マスタング」マイナーチェンジ

2002.02.25 自動車ニュース
 

フォード「マスタング」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、スペシャルティカー「マスタングクーペ/同コンバーチブル」に内外装などを変更するマイナーチェンジを実施。2002年2月21日に販売を開始した。


マスタングクーペ「GT」(上)と同コンバーチブル「G」(下)
 

4.6リッターV8搭載モデル「GT」には、ボンネットとサイドに大型のスクープを設け、足もとには、第35回東京モーターショーに参考出品した「マスタング・ブリット」をイメージしたという、新意匠の5スポークアルミホイールを採用、力強さを強調した。

一方3.8リッターV6モデル「G」では、アルミホイールセンターキャップのデザインを変更。従来までは「GT」にのみ設定されていたクルーズコントロールが標準で備わるようになった。

両グレード共通の変更点は、
・リアスポイラーデザイン変更
・ヘッドライトベゼル変更
・センターコンソールのデザイン変更
・MACH460インダッシュ6連奏CDプレーヤーの標準装備
・カーゴネットの標準装備
である。

価格は以下のとおり。

Gクーペ 312.0万円
GTクーペ 372.0万円
Gコンバーチブル 397.0万円
GTコンバーチブル 457.0万円

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る