フォード「マスタング」マイナーチェンジ

2002.02.25 自動車ニュース
 

フォード「マスタング」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、スペシャルティカー「マスタングクーペ/同コンバーチブル」に内外装などを変更するマイナーチェンジを実施。2002年2月21日に販売を開始した。


マスタングクーペ「GT」(上)と同コンバーチブル「G」(下)
 

4.6リッターV8搭載モデル「GT」には、ボンネットとサイドに大型のスクープを設け、足もとには、第35回東京モーターショーに参考出品した「マスタング・ブリット」をイメージしたという、新意匠の5スポークアルミホイールを採用、力強さを強調した。

一方3.8リッターV6モデル「G」では、アルミホイールセンターキャップのデザインを変更。従来までは「GT」にのみ設定されていたクルーズコントロールが標準で備わるようになった。

両グレード共通の変更点は、
・リアスポイラーデザイン変更
・ヘッドライトベゼル変更
・センターコンソールのデザイン変更
・MACH460インダッシュ6連奏CDプレーヤーの標準装備
・カーゴネットの標準装備
である。

価格は以下のとおり。

Gクーペ 312.0万円
GTクーペ 372.0万円
Gコンバーチブル 397.0万円
GTコンバーチブル 457.0万円

(webCG 有吉)

関連キーワード:
マスタングマスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る