フォード「マスタング」マイナーチェンジ

2002.02.25 自動車ニュース
 

フォード「マスタング」マイナーチェンジ

フォードジャパンリミテッドは、スペシャルティカー「マスタングクーペ/同コンバーチブル」に内外装などを変更するマイナーチェンジを実施。2002年2月21日に販売を開始した。


マスタングクーペ「GT」(上)と同コンバーチブル「G」(下)
 

4.6リッターV8搭載モデル「GT」には、ボンネットとサイドに大型のスクープを設け、足もとには、第35回東京モーターショーに参考出品した「マスタング・ブリット」をイメージしたという、新意匠の5スポークアルミホイールを採用、力強さを強調した。

一方3.8リッターV6モデル「G」では、アルミホイールセンターキャップのデザインを変更。従来までは「GT」にのみ設定されていたクルーズコントロールが標準で備わるようになった。

両グレード共通の変更点は、
・リアスポイラーデザイン変更
・ヘッドライトベゼル変更
・センターコンソールのデザイン変更
・MACH460インダッシュ6連奏CDプレーヤーの標準装備
・カーゴネットの標準装備
である。

価格は以下のとおり。

Gクーペ 312.0万円
GTクーペ 372.0万円
Gコンバーチブル 397.0万円
GTコンバーチブル 457.0万円

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表NEW 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • フェラーリ812スーパーファストNEW 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
ホームへ戻る