日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始

2002.02.27 自動車ニュース

日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始

日本ゼネラルモーターズ(GM)は、2002年型「シボレー・コーベット」を、全国のヤナセネットワークを通じ、2002年3月9日から販売を開始する。

2002年型「シボレー・コーベット」は、「クーペ」とオープンの「コンバーチブル」、そして6段MTを備えるクーペのスポーティバージョン「Z51」の計3モデルをラインナップ。ノーマルのクーペ以外は受注生産となる。

最大の特徴は、全モデルともエンジンのパワーとトルクがアップしたこと。インテークマニフォルド形状を見直し燃焼室への吸気効率を改善したことにより、クーペとコンバーチブルが5ps、1.4kgmアップの355ps/5200rpm、49.8/4000rpm、Z51は5ps、3.4kgmアップして355ps/5200rpm、51.8kgm/4000rpmとなった。

そのほかの変更点は、クーペのボディ色「ミレニアムイエロー」が廃止され、新色「エレクトロンブルーメタリック」になったのに加え、Z51に装着されていたマグネシウムホイールが生産中止になったの受け、アルミポリッシュタイプに変更するなどした。

価格は従来モデルから据え置き。クーペが598.0万円、コンバーチブルが699.0万円、Z51は663.0万円。目標の年間販売台数は、3モデル合計で300台という。

(webCG オオサワ)

 
日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始の画像

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「CHEVROLET FAN EVENT 2018」の会場から 2018.5.28 画像・写真 GMがファンイベント「CHEVROLET FAN EVENT 2018」を富士スピードウェイで開催! 全国から122台ものシボレー&キャデラックが集合したほか、販売台数わずか5台の貴重な「シボレー・コルベット」もお披露目された。イベントの様子を写真でリポートする。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良 2018.6.7 自動車ニュース マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
ホームへ戻る