日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始

2002.02.27 自動車ニュース

日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始

日本ゼネラルモーターズ(GM)は、2002年型「シボレー・コーベット」を、全国のヤナセネットワークを通じ、2002年3月9日から販売を開始する。

2002年型「シボレー・コーベット」は、「クーペ」とオープンの「コンバーチブル」、そして6段MTを備えるクーペのスポーティバージョン「Z51」の計3モデルをラインナップ。ノーマルのクーペ以外は受注生産となる。

最大の特徴は、全モデルともエンジンのパワーとトルクがアップしたこと。インテークマニフォルド形状を見直し燃焼室への吸気効率を改善したことにより、クーペとコンバーチブルが5ps、1.4kgmアップの355ps/5200rpm、49.8/4000rpm、Z51は5ps、3.4kgmアップして355ps/5200rpm、51.8kgm/4000rpmとなった。

そのほかの変更点は、クーペのボディ色「ミレニアムイエロー」が廃止され、新色「エレクトロンブルーメタリック」になったのに加え、Z51に装着されていたマグネシウムホイールが生産中止になったの受け、アルミポリッシュタイプに変更するなどした。

価格は従来モデルから据え置き。クーペが598.0万円、コンバーチブルが699.0万円、Z51は663.0万円。目標の年間販売台数は、3モデル合計で300台という。

(webCG オオサワ)

 
日本GM、2002年型「シボレー・コーベット」販売開始の画像

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • アウディが「A6アバント」の新型を発表 2018.4.12 自動車ニュース 独アウディは2018年4月11日(現地時間)、新型「アウディA6アバント」の概要を発表した。パワーユニットにはマイルドハイブリッドが採用されており、室内スペースは従来モデルよりも広くなっている。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • 最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売 2018.4.13 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年4月13日、ロータスのフラッグシップスポーツカー「エヴォーラ」のラインナップに、新たなトップパフォーマンスグレードとなる「GT430スポーツ」を追加し、販売を開始した。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
ホームへ戻る