【Movie】動くマーチが見られる!!

2002.02.28 自動車ニュース
 
【Movie】動くマーチが見られる!!

【Movie】動くマーチが見られる!!

2002年2月26日に発表された、日産のコンパクトカー「マーチ」。発表会のニュースは、もうご覧いただけたでしょうか? 今回はムービーにて、動くマーチをお届けします。


カラフルに並ぶ5台のマーチ。「パプリカオレンジ」「フレッシュオリーブ」「アプリコット」「ビーンズ」「アクアブルー」の5色は、コミュニケーションカラーと名付けられたイメージカラー。「友達と一緒にカフェでランチ」をテーマに開発されたマーチ専用色で、食材などから名前がつけられた。
 
【Movie】動くマーチが見られる!!

マーチのウリは、取り回しやすいサイズのボディに広い室内など、そのパッケージングだけではない。「おしゃれでイキイキとしたデザイン」(プレス資料)や、全12色の豊富なボディ色もジマン。また国内初を謳う、道案内やメール送受信機能、トラブル時のオペレーター対応などを、携帯やGPSと連動して提供する情報端末「カーウィングス」などの新機軸も盛り込まれた。そんな新型マーチのあれこれを、3本の動画でおおくりします。

【マーチ発表会の模様】

【多彩なボディカラー】


下はオーディオ。上がセンターコンソールに配される「カーウィングス」の端末。
 
【Movie】動くマーチが見られる!!

マーチに搭載される新機軸のひとつが、GPSや携帯電話と連動して、様々な情報サービスを提供する「カーウィングス」。行き先までの交通情報や天気を、リアルタイムに入手できる「オートDJ」や、クルマの居場所をメールで送信できる「ここでる車メール」、車両の燃費などを表示、読み上げる「車両情報表示機能」などののほか、緊急時には、専門のオペレーターが直接対応する「ロードサービス」などもある。

【情報端末「カーウィングス」】


写真のボディカラーは「ダイヤモンドシルバー」。
 
【Movie】動くマーチが見られる!!

ニューマーチは内装も凝っている。外装色の豊富さもさることながら、インテリアカラーは、明るく淡いグリーンの「エクリュ」、暖かみがある明るいオレンジの「シナモン」、しっとり落ち着いた「クリークグレー」の3色が用意される。トリムにはT.P.Oと呼ばれる、布地のような新素材が採用された。
エンジンラインナップは、1リッター、1.2リッター、1.4リッターの3種類で、全て直列4気筒DOHC。キャビンを広くとるため、新開発のコンパクトな「CRユニット」を搭載。全車平成12年度基準排出ガス75%低減レベルを達成するとともに、2010年度燃費基準を達成し、税金がやすくなる。

(写真=河野敦樹/動画=スパルコ・フランキーニ)

【広い室内】

「新型マーチ」発表会のニュースはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る