マツダスピード、新色シートとブレーキパッド発売

2002.02.28 自動車ニュース
 

マツダスピード、新色シートとブレーキパッド発売

マツダスピードは、リクライニング機構のついたスポーツシート「タイプF」に、新色のレッドを追加設定した。加えて、ロードスター用の大径ブレーキに対応するブレーキパッドをの販売も開始する。販売開始は2002年2月22日から。



 

スポーツシート「タイプF」に、新色の赤が加わった(今まではブラックのみ)。スポーツシートタイプFは、高いサポート性を確保しつつ、クッション部に粘弾性ウレタンフォームを採用することで快適性も追求したバケットシート。さらにフレームにアルミとスチールを使い分けて仕様することで、高い剛性と軽量化を実現したという。リクライニング機構は、微妙なセッティングを可能とするため、無段階調節となる。専用のブラケットを使えば、「RX-7」や「ロードスター」などのスポーツカーはもちろん、「カペラ」や「デミオ」などにも装着できる。これにより、マツダスピードのスポーツシートは、3タイプ6種類となった。

価格は、8.1万円。

一方、NB型ロードスター(現行タイプ)用の高性能ブレーキパッド「ブレーキパッド(Bスペック)」には、大径ブレーキ用専用品が設定された。

スペックBは、制動力やフィーリング、耐フェード性を高次元でバランスさせたというブレーキパッド。サーキットなどブレーキにとって過酷な状況でも、パッド表面に生じる動摩擦係数の変化が少なく、安定した制動力とコントロール性を発揮するという。このパッドは、2002年5月からスタートするワンメイクレース「ロードスターNR-Aレース」の認定パーツとして登録される。
装着可能な車種は、NB6C型モータースポーツバージョンの「ロードスターNR-A」と、NB8C型(車体番号200001〜のRS、RS II)となる。

価格は、フロントブレーキパッドのセットが2.25万円、リアブレーキパッドのセットは2.05万円となる。

(webCG オオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。